26昆陽池公園(昆虫館) Feed

2009年7月 3日 (金)

写真家たちの撮影スタイルを楽しめるテレビ番組

conv090630002

伊丹市の昆陽池にある「伊丹市昆虫館」から「タイワンシロチョウ」と「ツマムラサキマダラ」です。

どちらも奄美諸島~八重山諸島のチョウです。

こういう普段自然では見られないチョウを身近に楽しめるのも、この昆虫館のいいところです。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

今日は、カメラ雑誌CAPAに紹介されていたちょっと興味あるテレビ番組の紹介です。

写真を趣味にされている方は、必見ですよ。

   

続きを読む »

2009年6月30日 (火)

暑い中をチョウを撮るために伊丹市昆虫館へ(2)<K-7を触ってきた>

今日も土曜日に暑い中を行ってきた伊丹市の昆陽池にある「伊丹市昆虫館」からです。

conv090630001

以前にも紹介したことのある枯れ葉のような「コノハチョウ」です。

羽根を閉じた姿が、枯れ葉にそっくりなところからこのような名前がついていますが、羽根を開いた姿は、全く違います。

conv090630003

これが、「コノハチョウ」が羽根を開いた姿です。

上下が逆のようですが、このチョウは頭をしたにして留まるのが特徴だそうです。

木にじっと留まって樹液を吸っていますが、本当におとなしく、ちょっといたずらで、手を近づけてみましたが、飛んで逃げる様子はありませんでした。

こんなことが出来るのも、この昆虫館ならではでしょう。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

会社の帰りにヨドバシカメラによって、発売されたPENTAXの新しいデジタル一眼「K-7」を触ってきました。happy01

やっぱりいいですね。

小さくて軽いのに、AFの速度や連写の速度などの性能はグンとアップしています。

実際に撮影は出来ないので、写りを試すことは出来ませんでしたが、私の購入意欲はグンとアップしてしまいました。bleah

CANONやNikonのカメラは、クラスが上がるほど、ボディサイズが大きくなり、ボディが大きくて重いことが高級なカメラという雰囲気がありますが、小さくて軽い高級カメラがあってもいいと思います。

それにチャレンジしたのがPENTAXのような気がします。

これほどにも買いたい気持ちが高くなっているのですが、肝心のモノがありません。weep

ネットなどの情報では、3ヶ月待ちという噂も出ています。

やっぱり発売前に予約を入れれば良かったのでしょうか?

でも、PENTAXのシェアはそれほど大きくないので、3ヶ月も経てばほぼ行き渡り、価格がド~ンと下がってきそうな気もします。bleah

早めに予約を入れて少しでも早く手に入れるか、ちょっと待って価格が熟れてくるのを待つか、これまた、悩みが増えてきました。

欲しいモノを手に入れるまで、まだまだ、楽しめそうです。happy01

  

2009年6月28日 (日)

暑い中をチョウを撮るために伊丹市昆虫館へ(1)

昨日(土曜日)、梅雨の中休みで暑い中ですが、ちょっと変ったものが撮りたくて伊丹市の昆陽池にある「伊丹市昆虫館」へ久々に行ってきました。

conv090628014

温室と言うことで、ここへ来るのは冬場が多かったのですが、暑い夏に暑い温室もちょっと面白いかと出掛けてみました。

conv090628013

昆虫館のいいところは、ここのチョウ達は人間を全く恐れておらず、いろいろなチョウ達を採り放題と言うところです。

昨日も、撮っているといつの間にか、私の頭の上や背中にチョウが留まっていたようです。

conv090628011

きょうは、そのようなチョウの楽園から、「オオゴマダラ」産卵の様子です。

上の写真の右下のチョウのお腹の部分が微妙に曲がっているのが、分るでしょうか?

この後、すぐにこのようになります。

conv090628012

おしりを一生懸命折り曲げて、葉の裏に卵を産み付けて行っています。

ちょっとわかりにくいですが、葉の裏に白い小さな卵がいっぱい付いています。

葉の上は、こんな感じです。

conv090628016

一生懸命に葉にしがみついて、葉の裏に生み付けているのです。

この卵を産み付けている木は、キョウチクトウの仲間で沖縄に自生する「ホウライカガミ」というツル性植物です。

沖縄に自生する「オオゴマダラ」の食草だそうです。

キョウチクトウと同じくこの「ホウライカガミ」にも毒があり、この葉を食べるオオゴマダラの幼虫も毒を持つことになり、他の動物から食べられることを守るようになっているそうです。

自然の力はすごいですね。

係員の方が説明されていたのですが、時々、人に留まって、間違って卵を産み付けることもあるそうです。

それくらい、人慣れしてしまっているのです。

産卵があれば当然、その続きもありますが、見るのが弱い方もおられると思いますので、ここからは別のページとさせていただきます。

見てみようと思われる方のみ、続きをクリックして下さい。bleah

続きを読む »

2006年12月16日 (土)

昆陽池公園へネタ探し<チョウ温室3>

Poz4qxxx

今日も昆陽池公園にある「伊丹市昆虫館のチョウ温室」からですが、チョウとは違うものの紹介です。

これは、この昆虫館でクリスマスの恒例となっている「さなぎのクリスマスツリー」です。

金色に輝くさなぎは、作り物ではありません。
本物の生きた「オオゴマダラ」のさなぎです。
運がよければこのさなぎから羽化する瞬間を見ることも出来るそうです。



Jn1udzht

こちらはまったくチョウとは関係ありません。
「フウリンブッソウゲ(アオイ科)」とその後ろは、上のさなぎのクリスマスツリーです。
このチョウ温室は、チョウだけでなく、このように温室系のハデハデの花もたくさん育てられています。
写真撮影では、花もいろいろ楽しむことが出来ます。
ただ、全体的に通路が狭く、写真を撮っていると後から来た人が通れないところもあり、周りを気にしながらの撮影となります。
当然三脚は禁止です。




日本から海外へはいろいろなお店が輸出(出店)されています。
有名なところでは、「カラオケ」、「回転寿司(すしバー)」、「マンガ喫茶」などですが、今日の夕方見たネットニュースに「メイドカフェ」がカナダのトロントにこの夏に出来て、今、話題を集めていると載っていました。smile
メイド用の衣装は、わざわざ日本から取り寄せているそうです。(ちなみに1着200カナダドル(約2万円)だそうです。)
お店を経営しているのは、日本人でなく、中国の方のようです。
昔から欧米の文化が日本にどんどん入ってきましたが、今は、日本発祥の様々な文化が輸出されるようになりましたね。
すしについては、海外であまりに変ってしまい、すしとは思えないものも「ジャパニーズ スシ」として出ていて、日本政府が横からチャチャを入れようとしているそうです。
食べ物文化は、輸出されたその国でいろいろを変化していくのは当然ですから、あまり目くじらを立てることもないと思うのですけどね。
日本でもインドカレーと言って、それを見てインド人もビックリということもあるそうですからね。wink

2006年12月15日 (金)

昆陽池公園へネタ探し<チョウ温室2>

Saaajfmp
今日も昆陽池公園にある「伊丹市昆虫館のチョウ温室」からです。
たくさん飛んでいるチョウの中から今日は「オオゴマダラ(マダラチョウ科)」です。
このチョウ温室は、去年から数えて3回目ですが、この大きなオオゴマダラは毎回の登場です。
と言うのも、この温室で一番多く飼育されていてます。
しかし、去年から変り映えせず、まったく上達しませんね。shock


C876_ban
ここのチョウは本当に人間を怖がっていません。そのお陰で思い切り寄って撮ることが出来ます。
上の写真も拡大して見ると胴に毛が生えているのも写っていました。下の写真です。

Wvn_hvcr


この日は、温室の出口近くで、生まれたてのチョウを手渡ししてくれるようなことをしてました。
Wgsxbhj4
こども達に渡しているのですが、子供の手から飛び上がったチョウが、手を出すと私の手に留ってくれました。
本当に可愛いチョウたちです。



今日は久々にいいお天気になりましたが、このお天気も明日のお昼までのようですね。
すぐに下り坂になり、その後は、真冬並みの寒波が来るようです。
この冬は暖冬との予想もあるそうですが、しっかり冷えてきてますね。
なかなか予想は当たりませんね。
フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008