25鶴見緑地 Feed

2013年3月20日 (水)

花博記念公園鶴見緑地(2013年)<早咲きのサクラ満開>

早咲きの桜が見頃になっているということで、17日の日曜日に「花博記念公園鶴見緑地」へ行ってきました。

一気に春がやってきて、鶴見緑地も花も人もいっぱいでした。

P1303171030853

満開の「オカメザクラ」とそれを撮影されるカメラマンです。

   

P1303171030854_edited-002

もうこれだけで「春」です~。(^^♪

  

P1303171030860_edited-1

満開で見頃になっている「オカメザクラ」と蜜を吸う「ヒヨドリ」です。

   

そして、この日一番の被写体だった「河津桜」です。

IMGK1303174318_edited-002

青空にピンクの花が映えます。

   

P1303171040059_edited-1

満開の「河津桜」には、「メジロ」がいっぱい集まっていました。

  

メジロが蜜を吸う様子をLumix GH3の動画で撮影しました。

スピードを40%のスローモーション撮影としているので、音は入っていません。

実際より少しゆっくり動くので、「メジロ」の動きがよくわかっていただけると思います。

河津桜の蜜を吸うメジロ

  

「河津桜」が咲いているところのすぐ目の前には、「アンズ(杏)」の花も満開になっていました。

PX1303171000799_edited-002

これだけの「アンズ」の花が見られるところは少ないのではないでしょうか?

  

P1303171040173_edited-1

「アンズ」にも「メジロ」はやって来ていました。

本当にこの日は、「メジロ」撮り放題という感じでした。

   

P1303171040250_edited-002

こちらは、もう散り始めている「フユザクラ(冬桜)」に来ていた「メジロ」です。

   

PX1303171000814_edited-1

IMGK1303174371

日本庭園に咲いていた「ボケ」です。

   

IMGK1303174375

日本庭園の池の横に咲いていた「源平咲きの梅」です。

1本の木から紅白の花が咲いています。

   

この池にすごいカメラが並んでいました。

PX1303171000817

どのカメラもある池の1点を狙っています。

  

「カワセミ」狙いです。

池に止まり木のようなものがあり、そこからのダイビングを狙っているのだと思います。

この横でお昼を食べましたが、約1時間ほどの間「カワセミ」が来た様子はありません。

こうして1日粘って、何回撮影チャンスがあるのでしょうか?

私には絶対に出来そうもありません。(^_^;)

   

P1303171040298_edited-002

ピンクの鮮やかな「ヒカンザクラ(緋寒桜)(寒緋桜とも言われます)」です。

ちょっと鮮やかすぎて、色飛びしてしまっています。

   

PX1303171000820_edited-1

逆光でイマイチですが、「ベニバスモモ」と「いのちの塔」です。

   

P1303171040302_edited-002

桜と見間違うような花が美しい「ベニバスモモ」です。

   

IMGK1303174388_edited-1

淡黄色の「トサミズキ」の花もきれいに咲いていました。

  

  

東京ではすでにソメイヨシノが満開となってお花見シーズンとなっていますが、関西では本格的な桜(ソメイヨシノ)のシーズンまでには、まだ間がありそうです。

でも、早咲きの桜で、これだけ楽しむことが出来ました。

   

関西の桜はいつ頃が見頃になるのでしょうかね~。

今年ほど、地域により開花のタイミングがずれるのは珍しいのではないでしょうか?

お花見幹事さんは、大変でしょうね。

  

情報をこまめにチェックして、タイミングを見計らって桜撮りに行きたいですね。

   

2009年3月20日 (金)

鶴見緑地の桃桜杏(その4)<桜とそっくりの桃?>(今日の野鳥)

今週続けてきた「花博記念公園鶴見緑地」から最終回は、桜とそっくりの桃の花です。(今日はメジロはいません。)

conv090320004

どうですか、この写真を見ると「ソメイヨシノがもう満開?」と思いませんか?

花が咲いている木には名札がなかったために、桜なのか?それとも違うのか、わからずモヤモヤしながら園内を進んでいました。

そうしたら、同じ花が咲いている木を離れた場所で見つけました。

conv090320002

名札に「ベニバスモモ(紅葉李)」と書かれていました。

conv090320001

花を近くで見ても桜にそっくりです。

よく見ると花の先が割れていないのが、桜と違うところでしょうか?

conv090320003

この「ベニバスモモ」が、園内のあちらこちらに咲いていて、本当に春の感じを漂わせていました。

conv090320005

この満開の木にも名札がなく、通る人通る人がみんな「サクラ????」って感じで見上げながら写真を撮られていました。

たまによく知った人が、「スモモやねぇ。」と話をしながら歩いて行かれていました。

鶴見緑地にはいろいろな木や花が植えられているので、出来ればそれぞれに名札をつけて欲しいものですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

連休初日の今日は、近場でお金のかからないというところで、池田にある「五月山動物園」へ出かけてみました。

五月山動物園は、小さな動物園ですが、池田市営で無料の動物園なのです。

そこにはオーストラリアから贈られた「ウォンバット」がいると言うことで、出かけてみたのです。

その動物園の写真は、後日あっぷさせていただきますが、幸運だったのは、その動物園のすぐ横の公園で珍しい野鳥と偶然出会ったことです。

その野鳥は、「ミヤマホオジロ(深山頬白)」です。

conv090320012

ちょっとした群れで公園の中を回っていて、動物園をそっちのけでそちらを追いかけてしまいました。

この「ミヤマホオジロ」の写真は、別宅の方へいろいろとアップしましたので、別宅の方へも寄っていただけると嬉しいです。

 

2009年3月19日 (木)

鶴見緑地の桃桜杏(その3)<二つのサクラとメジロ編>

今日は、日曜日に出かけた「花博記念公園鶴見緑地」からちょっと峠を過ぎた2種類のサクラと青空とメジロです。

最初は、早咲きのサクラの代表的な「河津桜(カワヅサクラ)」です。

conv090319003

数本ある河津桜の木のほとんどがすでに葉桜になりつつあったのですが、この木だけが一番良い状態でいてくれました。

conv090319004

やっぱり河津桜は華やかですね。

花びらの形はソメイヨシノに似た感じですが、色がメチャクチャ派手ですからね。

 

そして、ここにもちゃんとメジロが来てくれました。

conv090319002

花のきれいな木に来ないで、峠を過ぎた木にばかり留まるので、ちょっとイマイチの写真となってしまいました。

conv090319001

ちょっと葉が目立ちすぎですね。

 

続いて、早咲きのサクラの「寒緋桜(カンヒザクラ)」です。

conv090319007

花束がぶら下がったように咲くのが特徴ですね。

conv090319006

長い花びらの中に顔を突っ込んで蜜を吸う姿は、ちょっと面白い姿ですね。

conv090319005

ここでもメジロが寄ってくると、合せてカメラマンも集まってきて、その様子を上から睨んでいる感じです。

本当にこの日は、メジロが大サービスをしてくれて、楽しい思いをさせてくれました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日も暖かくなりましたね。

朝と昼間の気温差が大きくて、着ていく服装が困ります。

明日からは3連休ですが、天気予報では土曜日がいいお天気のようですね。

さぁ、どこへ行こうか、花がいっぱいあるところへ行きたいと思っています。

 

2009年3月17日 (火)

鶴見緑地の桃桜杏(その2)<アンズとメジロ編>

今日も日曜日に出かけた「花博記念公園鶴見緑地」から満開の花とメジロです。

いろいろ咲いていた花の中から今日は、この日に一番見ごろを迎えていた「杏(アンズ)」です。

conv090317001

咲くやこの花館などがある中央口付近からみると一番奥になる「山の広場」にある「杏園」です。

満開が近い杏の花が、梅とはまた違う甘い香りをたっぷりと漂わされていました。

その杏園にはメジロが群れで甘い蜜を吸っていました。

conv090317006

conv090317005

花の感じは、ピンクの梅にも少し似た感じで、「アンズ」のプレートがなかったら、わからなかったかもしれません。

 

conv090317007

この杏園だけでメジロが2~30羽はいていたのではないでしょうか。

多くのカメラマンがメジロを追いかけて、一生懸命シャッターを切っていました。

conv090317004

この上のメジロの目のまわりの白い部分を見ていただくと、前回書いた割れて剝がれているようすがよくわかっていただけると思います。

もうメジロとは言い難いくらい白いシールが剝がれています。

conv090317002

これだけの数のメジロがいると、反対に狙いが定まらなくなってダメですね。

先日の万博公園の時より打率がメチャクチャ落ちてしまい、ピンぼけだらけとなってしまいました。

その打率が落ちたもう一つの原因が、すぐ横で撮られていた人のシャッター音です。

ニコンのD300か、D90だと思うのですが、すごい勢いで連写されるのです。sad

数打ちゃ当たるでは無いと思いますが、そこまで連写しなくてもと思うくらいの連写で、その音が気になってしまいピント合わせに集中できません。

僕の方は、MFで1枚1枚単写ですから、気が散るとどうもダメです。weep

PENTAXさん、どうか次の新機種では、CANONやNIKONとの差を縮めて下さい。期待してます。bleah

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

スギ花粉がちょっと落ち着いてきたと思ったら、黄砂がやってきましたね。

この黄砂も結構花粉に似た症状が出ます。

特に鼻への影響は大きい感じです。

 

2009年3月15日 (日)

鶴見緑地の桃桜杏(その1)<オカメとメジロ編>

今日は昨日の雨がウソのように朝から青空が広がっていたので、家族で「花博記念公園鶴見緑地」へ行ってきました。

conv090315006

中央が花博記念公園のシンボルタワーの「いのちの塔」で、左が咲くやこの花館(温室)です。

今日の鶴見緑地では、きれいな木の花がいっぱい咲いている上、その木にメジロが来ていて楽しむことが出来ました。

いっぱい咲いていた花の中から今日は「桜(その1)」です。

conv090315002

桜は桜でもちょっと派手な「オカメザクラ」です。(今日の桜はどれも派手でしたが。)

「オカメザクラ」は、イギリスの桜研究家がカンヒザクラとマメザクラを交配して作り出したそうです。

 

conv090315001

濃いピンクの花が房のようになって咲いていて、すごいボリュームです。

 

その「オカメザクラ」にメジロが集まってきました。

conv090315005

オカメにメジロです。happy01

conv090315003

ピンクの花に緑のメジロ、そして青空、これもなかなかいい感じです。

conv090315004

今日、メジロをいろいろ撮りながら気がついたのですが、メジロの目のまわりの白い輪は、割れたようになって薄くなっていくのですね。

上の2枚をクリックして大きくして見ていただくと、ひびが入って薄くなっているのがわかると思います。

私の勝手な想像ですが、羽の色もくすんでいるときがあったので、年齢とともに薄くなっていくのでしょうか。

もし、それが合っていれば、白い輪がきれいなメジロはまだ若いということになりますね。

 

先々週の万博公園に続いて、今週もメジロがメインとなってしまいますが、ご容赦下さい。

代わりに花はいろいろ楽しんでいただけると思います。happy01

 

フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008