08風景 Feed

2016年12月10日 (土)

初めての「1000000人のキャンドルナイト」へ

12月7日水曜日の会社帰りに以前から気になっていた「1000000人のキャンドルナイト @OSAKA CITY 2016 Winter」に少しだけ立ち寄ってみました。

福島から梅田までの西梅田一帯で行われているので、会社帰りに阪神福島駅で降りてぶらぶら散歩がてらに写真を撮りながら帰りました。

すべて「CANON PowerShot G7X」を手持ちで撮影しています。

   

福島駅を降りて、まずは「キャンドルの光の海」と言われる西梅田公園へ向かいました。

  

s-IMGX161207_6801

見事な「キャンドルの光の海」です。

  

s-IMGX161207_6807

小さな兄妹が、いい雰囲気んだったので、ちょっと撮らせていただきました。

  

s-IMGX161207_6816

キャンドルの川のような雰囲気で。

   

s-IMGX161207_6824

G7Xなら絞り優先にセットして開放+望遠で撮影すると前ボケを生かした撮影も出来ます。

   

s-IMGX161207_6834

G7Xでは多重露光は出来ないので、テレビのコマーシャルでやっていたスマホテクニックを使って撮影してみました。

   

s-IMGX161207_6837

普通に撮影するとこんな感じです。

   

s-IMGX161207_6839

望遠でキャンドルの林のように。

   

s-IMGX161207_6848

公園の上を通る阪神高速の高架がちょっといい雰囲気だったので。

コンデジの手持ちでこれだけ撮れれば十分ですね。

   

s-IMGX161207_6891

キャンドルの海に向こうにザ・リッツ・カールトン大阪のイルミネーションです。

   

s-IMGX161207_6851

メッセージの書かれたキャンドル。

   

s-IMGX161207_6854

月がきれいだったので、月を入れて撮ってみましたが、ちょっと小さいですね。

   

s-IMGX161207_6858

キャンドルを前ボケにしてオフィスビルを。

  

s-IMGX161207_6861

カメラを頭の上に持ってキャンドルのオブジェを。

ピントを手動で一番上のキャンドルに合わせています。

  

s-IMGX161207_6868

後ボケを生かして輝くキャンドルを。

  

西梅田公園でちょっと長居をしてしまったので、梅田への帰り道は、気になったポイントだけでの撮影です。

しかし、最初は人が少なかったのですが、時間が経つと続々と人が増えてきました。

それもカメラマンの多いこと。

そして、その半分以上が今流行りのデジ一や、ミラーレス一眼をぶら下げたカメラ女子で、ちょっとびっくりでした。

  

s-IMGX161207_6895

ザ・リッツ・カールトン大阪のイルミネーションは、これだけでも見応えがありました。

  

s-IMGX161207_6898

  

s-IMGX161207_6901

キャンドル間にちょっと変わったオブジェが。

  

s-IMGX161207_6906

キャンドルを生かしたオブジェがいろいろあります。

  

s-IMGX161207_6908

ザ・リッツ・カールトン大阪では、フードカフェが賑わっていました。

しかし、なぜ、着ぐるみ?(汗)

  

s-IMGX161207_6919

木枠で組んだ棚にたくさん並ぶキャンドルです。

見てすごくきれいだったのですが、なかなか写真でうまく表現できませんでした。

  

s-IMGX161207_6933

キャンドルは、暖かい色がいいですね。

  

s-IMGX161207_6941

歩道に並べられたキャンドル。

大勢のお客さんが楽しまれています。

  

s-IMGX161207_6954

s-IMGX161207_6950

大きなオブジェを生かしたキャンドルと遠くに見えるスカイシティ梅田です。

   

s-IMGX161207_6961

劇団四季の前まで来て、大阪駅も近づいてきました。

梅田からキャンドルナイトの会場へ向かう人が続々と。

  

s-IMGX161207_6966

キャンドルナイトの説明マップです。

  

1時間余りの撮影でしたが、プチ撮影散歩を楽しめました。

そして、キャンドルの暖かい光に癒されました。

もう少しゆっくりと時間をかけて楽しみたいところですが、水曜日ですからね。

明日の仕事を考えると、ちょっと無理が出来ません。

でも、次は、デジ一で撮影してみたいですね。

   

 

2016年10月23日 (日)

秋の箱館山&マキノ高原へ

遅くなりましたが、10日の体育の日に出かけた「びわこ箱館山」と「マキノ高原のメタセコイア並木」の様子をアップします。

  

3連休の最終日ということで、高速道路の混雑を回避したく、ちょっと早朝の出発です。

s-IMGP1610108233_SYLKP

出発前に自宅マンションの廊下に出ると、夜明け前の美しい空を見ることが出来ました。

冷っとした空気が気持ち良かったです。

  

名神高速から湖西道路を通って湖北へ向かいますが、早朝に出たので渋滞もなく順調に向かうことが出来ました。

ちょっと早めだったので、湖西のフォトスポットに立ち寄りました。

s-IMGP1610108252_SYLKP

国道沿いにある「白髭神社」です。

   

これだとちょっと歴史のある神社という感じですが、有名なのはこちらです。

s-IMGP1610108237_SYLKP

びわ湖に建つ鳥居です。

(逆光でちょっとアンダーにして撮りました。)

   

s-IMGP1610108248_SYLKP

広いびわ湖に建つ鳥居を初めて見た時はビックリでした。

   

この日のドライブは、下の娘のリクエストに応えてのもので、娘も親に負けずに写真を撮っていました。

s-IMGP1610108253_SYLKP-001

左手の指先に注目です。(笑)

詳しくは後ほど。(汗)

  

びわ湖の鳥居を撮った後、箱館山へ向かいました。

   

s-IM7D1610105041_SYLKP

箱館山の山頂へ向かうゴンドラです。

   

s-IM7D1610105047_SYLKP

ちょっと早く着き過ぎたので、駐車場でウロウロしていると、軽自動車から可愛い子ザルを連れた美人さんが降りてきました。

カメラを向けるとこちらを向いてくれました。

今日はお仕事で来ていたようです。(詳細は後ほど)

   

s-IMGP1610108273_SYLKP

ゴンドラで山上に上がると美しい秋の景色が広がっていました。

青空も最高です。

  

さらに左奥に見えるペアリフトで標高680mの見晴台へ上がります。

(冬場はスキー場ですが、シーズンオフもうまく使っていますね。)

  

s-IMGP1610108283_SYLKP

見晴台からの、美しいびわ湖と今日の目的の一つの「ススキ」です。

   

s-IM7D1610105099_SYLKP

そして、もう一つの目的の紅葉した「コキア(ほうき草)」です。

   

s-IM7D1610105105_SYLKP

この箱館山のコキアパーク(イベント)は、この日が最終日でした。

ちょっと倒れた「コキア」もありますが、赤くきれいな「コキア」を楽しめました。

   

s-IMGP1610108294_SYLKP

湖北の山並みと「コキア」です。

  

s-IMGP1610108321_SYLKP

スキー場の中の「コキア」ですが、一年草なので、スキーシーズンには、なくなるようです。

夏は「ゆり園」となり、本当に箱館山スキー場は、うまく使ってますね。

   

s-IM7D1610105111_SYLKP

「ススキ」の向こうに見える「コキア」です。

   

s-IM7D1610105130_SYLKP

遠くの「コキア」をメインに撮影しました。

  

s-IMGP1610108304_SYLKP

下の娘もがんばって撮っていました。

やっぱり左指の上に何かありますね。(わかりますか?)

   

s-IMGP1610108314_SYLKP

「ススキ」もちょうど見ごろの感じでした。

夕日の中だと、黄金に輝くでしょうね。

  

s-IMGP1610108315_SYLKP

見晴台からの様子です。

   

s-IM7D1610105184_SYLKP

「フラワーアート」エリアです。

「コキア」とカラフルな花々を植栽したエリアです。

  

s-IM7D1610105215_SYLKP

ヒュッテの前で駐車場で見た子ザルとお嬢さんが、お仕事をしていました。

子ザルと扱う人もまだ若いですが、一生懸命な姿に皆さん大きな拍手でした。

  

この後、同時開催中の「ダリア園」へ向かいました。

s-IM7D1610105261_SYLKP

「ダリア」もちょうど見ごろとなっていました。

  

s-IMGP1610108351_SYLKP

その「ダリア」と「ススキ」の草原です。

  

s-IM7D1610105242_SYLKP

この日は、ちょっと風が強かったので、シャッター速度を遅めにして、「ススキ」の穂に動きを出してみました。

   

s-IM7D1610105217_SYLKP

「ダリア」の中でも下の娘は、がんばっていました。

この写真で、娘が何を撮っているか、わかりますね。

   

ちょっと横から撮らせてもらいました。(娘のイメージとは違うようですが。(汗))

s-IM7D1610105220_SYLKP

  

s-IM7D1610105274_SYLKP

娘は今、ジブリの世界に夢中なのです。

  

ちょっと箱館山から外れますが、

その結果、下の娘が、こんな賞まで取ってしまいました。

s-IMG_0919

s-IMG_0918

いやいやビックリです。何と全国No.1でした。

そして、来年の応募に向けて、今回の箱館山となりました。(汗)

指人形を使っての撮影は、感性の違いですね。

私には、真似のできない世界でした。(泣)

  

箱館山に戻ります。

s-IMGP1610108372_SYLKP

ヒュッテの前から見た様子です。

中央のエリアは、家族連れの子供たちが遊べる「Kid's World」となっています。

子供たちも遊べるように考えているのが、箱館山のエライところですね。

「コキア」、「ススキ」、「ダリア」では、子供は飽きますからね。

その上、写真は撮っていませんが、ここには、「ワンちゃん広場」もあって、ワンちゃん家族連れも楽しめるようになっています。

  

箱館山でお昼を食べて、次にマキノ高原へ向かいました。

  

s-IMGP1610108379_SYLKP

昨年、黄葉を撮りに来た「メタセコイア並木」です。

今年は、黄葉前の緑の様子を楽しむために寄ってみました。

(箱館山とマキノ高原は、クルマだとすぐ近くです。)

  

s-IMGP1610108393_SYLKP

クルマの合間を見て、中央付近からの「メタセコイア並木」です。

(左の方で下の娘も頑張っています。(笑))

  

s-IMGP1610108395_SYLKP

やっぱり安全第一で木の下から。(ここにも娘が・・・。)

緑の「メタセコイア並木」もいいですね。

   

s-IMGP1610108405_SYLKP

日の当たる並木の西側から。

  

s-IMGP1610108415_SYLKP

そして、こちらは、反対に東側から、並木の長さを強調してみました。

本当にこれだけの直線でメタセコイア並木をつくったのはすごいですね。

  

s-IMGP1610108421_SYLKP

日差しをメタセコイア越しに入れてみました。

一日、いいお天気でした。

  

s-IMGP1610108423_SYLKP

「メタセコイア並木」を楽しむ時にクルマの駐車ポイントとなる「マキノ ピックランド」です。

この日も人がいっぱいでした。

(周辺で、栗拾いや、ぶどう狩りなどなども楽しめるようでした。)

  

これからきれいになる黄葉シーズンに「メタセコイア並木」をゆっくり楽しもうという方は、朝、早めにここに着くように来られた方がよいと思います。

朝一にここを楽しんでから、次の目的地へ行くようにした方がいいでしょうね。

  

こうして、午後2時過ぎまで楽しんで、早めに湖北を後にして、帰路につきました。

まだお昼過ぎだから気を抜いて帰っていたら、湖西の国道161号線の大渋滞に巻き込まれました。

びわ湖沿いは逃げ道がなく、結局、帰りは、往路の3倍くらいの時間をかけることになりました。

  

湖北まで来た時の帰りは、距離的にはちょっと遠回りですが、湖東の北陸自動車道を通って帰る方が良さそうです。

(湖西の国道161号線は、カーナビの渋滞情報に表示されないのが問題で、状況が読めないので要注意です。)

  

こんな感じで、帰りの運転でバテバテになった湖北ドライブでしたが、秋晴れの気持ち良いびわ湖を楽しめました。

   

 

2016年9月25日 (日)

久々に万博公園の散歩に<彼岸花>

昨夜までの天気予報では、今日は晴れる予報だったのですが、朝起きると雲の多いイマイチなお天気でした。

ネットで調べるとお昼すぐから雨の予報もありました。

ちょっと悩みましたが、上の娘の運動不足もあったので、久々に万博公園・自然文化園へ行くことにしました。

   

ちょうど「彼岸花」が見ごろになっているようだったので、「彼岸花」とおまけに野鳥が撮れればいなぁという雰囲気です。(野鳥の方は、別宅の「野鳥不定期日記」のblogをご覧ください。)

     

s-IM7D1609244425

茶摘み里の横のモミジが、きれいに紅葉してきていました。

秋が進んでますね。

 

この後、森の舞台の彼岸花へ向かいました。

 

しかし、ここの彼岸花は、ほぼ終わりに近い状態でした。

花の量も以前より少なくなった気がします。

s-IM7D1609244434

きれいに咲いている花を見つけて、イマイチな白色の彼岸花を前ボケに使って撮影しました。

ここから「彼岸花」の写真は、CANON EOS 7D Mk2 + TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD で撮影しています。

 

s-IM7D1609244440_SYLKP

前ボケを大きくしてみました。

F2.8の大口径だと、やっぱりボケが全体に広がって柔らかくなります。

 

s-IM7D1609244443_SYLKP

「火炎」 と題を付けました。(笑)

真っ赤な「彼岸花」を前ボケと後ボケに並べて見ました。

 

s-IM7D1609244461_SYLKP

「陽炎」 です。(笑)

 

s-IM7D1609244469_SYLKP

花の数が少ないので、背景は緑になります。

  

森の舞台でお昼を食べた後、「コスモス」が咲き始めているはずの花の丘に向かってみました。

 

s-IMGX160924_6098

まだこんな感じで、ちらほら咲きにもいきませんね。(汗)

  

s-IMGX160924_6102

ちょっと変わった品種が植えられているエリアの方が、少し咲いていました。

  

s-IM7D1609244485_SYLKP

ここはレンズを「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」に変えて、ピンポイントを狙って撮影しました。

  

s-IM7D1609244490_SYLKP

「セセリチョウ」が可愛くとまっていました。

  

s-IM7D1609244493_SYLKP

「ツマグロヒョウモン(タテハチョウ)」も少ない花を求めて舞っていました。

  

ということで、「コスモス」は、やっぱり10月に入ってからですね。

見ごろは、10月10日前後でしょうか。

  

帰りに「エゾビタキ」(野鳥)を撮った後、もみじ川の「彼岸花」に行ってみました。

  

s-IM7D1609244580_SYLKP

こちらはちょうど見ごろになっていました。

花の量もそこそこありいいのですが、その分、カメラマンも多く、広く撮影するのが難しい状況でした。

  

s-IM7D1609244585_SYLKP

背景全体が青空なら良いのですが、雲の隙間から少しだけ青空が見えたので、這いつくばってちょっと撮ってみました。

  

s-IM7D1609244595_SYLKP

奥行きのある川沿いの「彼岸花」の手前の方にピントを合わせています。

  

s-IM7D1609244596_SYLKP

全く同じ構図で、中間部分にピントを合わせました。

  

s-IM7D1609244616_SYLKP

密集して咲いている「彼岸花」をアップ気味に撮影すると、ちょっとごちゃごちゃしてしまいました。

でも、いっぱい咲いている感はあります。

  

s-IM7D1609244621_SYLKP

チューリップの花園近くで咲いていた「十月桜」です。

ピンク色の花もあり、ちょっといい感じでした。

   

午後から雨の予報も結局はずれて日差しが差すくらいになり、久々の万博公園をのんびりと楽しむことが出来ました。

上の娘の運動不足解消のためと言いながら、私も10000歩弱の歩数で足がバテバテとなりました。(重いカメラと三脚を持っての移動ですが。)

もっと歩いて体力を付けないといけませんね。

  

2016年8月 9日 (火)

8月8日・復活「辯天宗夏祭奉納花火大会」(茨木辯天花火大会)

2013年の福知山の花火大会事故を受けて2014年、2015年と中止になっていた「茨木辯天花火大会」が、今年は復活しました!

防火や警備が厳しくなり、露店・夜店などはなかったようです。

   

実は、復活したことを全く知らず、昨日、会社帰りに岸辺駅を降りた時に、ちょうど花火が上がりだして気が付き、大急ぎで自宅に帰り、慌ててベランダで写真撮影の準備を行いました。

どのように撮るかなどの頭の準備が出てきていなかったので、昨日は、今年新しく出来た大観覧車「OSAKA WHEEL」とのコラボをメインとしました。

  

久々の花火撮影で、撮り方をすっかり忘れていました。

仕方なく、PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM で、花火撮影の定番的な撮影方法ということで、ISO100、絞りF13、シャッターはバルブで、適当なところでシャッターを開いて撮影しました。

     

大観覧車といろいろな種類・形・色の花火を楽しむことが出来ましたので、少し多いですがアップしました。

   

s-IMGP1608088104_SYLKP

       

s-IMGP1608088106_SYLKP

   

s-IMGP1608088111_SYLKP

   

s-IMGP1608088113_SYLKP

   

s-IMGP1608088123_SYLKP

   

s-IMGP1608088127_SYLKP

   

s-IMGP1608088133_SYLKP

    

s-IMGP1608088142_SYLKP

  

s-IMGP1608088144_SYLKP

  

s-IMGP1608088145_SYLKP

  

s-IMGP1608088162_SYLKP

  

s-IMGP1608088178_SYLKP

   

s-IMGP1608088190_SYLKP

   

s-IMGP1608088192_SYLKP

  

s-IMGP1608088203_SYLKP

   

s-IMGP1608088208_SYLKP

フィナーレは、眩しいくらいに光の強い花火が上がりました。

明るさがピークの時に撮影したものは、光が強すぎて真っ白に白飛びしてしまいました。

  

  

エキスポランドがあるころは、当時の観覧車やジェットコースターなどと花火のコラボを撮影していました。

ちょっと懐かしくなったので、そのころの写真データを出してきました。

  

s-dc050807005

2005年8月のエキスポランドの花火とジェットコースターです。

この当時は、エキスポランドで、8月の土日に21時ころから少しの間、花火が打ち上げられていました。

この花火が復活してくれると毎週楽しめるのでうれしいのですけどね。

   

s-dc060805131_04

2006年8月のエキスポランドの花火とエキスポランドの観覧車です。

手前に写っているマンションが、今回写っているマンションと同じですので、今回完成した大観覧車はやっぱり大きいですね。

  

弁天さんの花火も撮影した記憶があったのですが、データを見つけることが出来ませんでした。(泣)

データの整理が悪いですね。

  

  

昨夜は、同じ構図ばかりでの撮影になってしまいましたが、来年は、しっかり下調べして、花火をいろいな撮影方法で楽しみたいものです。

「茨木辯天花火大会」が復活してくれたことは、夏の一夜の楽しみが出来て、本当に良かったです。

少し距離がありますが、人出の多い花火大会へわざわざ行かなくても、自宅のベランダで撮影できるのが、最高です。

  

2016年7月24日 (日)

ひまわり撮りに奈良へ<お初の奈良県立馬見丘陵公園へ>

その場所は、金曜日の夜、JR大阪駅で知りました。

会社帰りにヨドバシカメラへ寄ろうと大阪駅を抜けていると、グランフロント側のスペースで、ゆるキャラ(着ぐるみ)が聞いたことのないところのひまわりのPRをしていました。

気になったので、パンフレットをもらいながら場所を聞くと奈良とのことでした。

自宅に戻って調べてみると、クルマで約1時間ということで、行ってみよう!となりました。

   

それが、「奈良県立馬見丘陵公園」です。

s-IMGX160723_5667

  

「馬見ひまわりウィーク」は、次の土曜日からですが、今年は全体的に花の開花が早めなので、咲き始めているだろうと安易な考えで、昨日の土曜日に出かけてきました。 (人出も少ないだろうとの読みです。)

ネットで調べると、けっこう広い公園で、駐車場も何か所かあり、それぞれの近くに「ひまわりポイント」があることがわかりました。

とりあえず、自宅から一番近い方、北駐車場へとめて「集いの丘」のひまわりへ行ってみました。

  

s-IMGX160723_5637

北駐車場からの入り口です。

広い公園ですが、何と入園料無料&駐車料金無料です。奈良県、すごい!

それ比べて大阪府のケチクサイこと!(汗)

  

s-IMGP1607237899_SYLKP

ちょうど夏の花の「百日紅(サルスベリ)」の花がきれいに咲いていました。

  

s-IMGP1607237905

集いの丘のひまわりですが、1~2分咲きというところで、まだちょっと寂しい感じでした。

とりあえず、咲き始めの生き生きしたひまわりと撮ってみることにしました。

  

s-IMGP1607237912_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/1000 ISO100 >

前ボケを生かして撮影しました。

  

s-IMGP1607237915_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.2 1/800 ISO100 >

ここは、レモンイエローのひまわりがメインでした。

  

ここで撮影していると、地元のカメラマンの方から「南駐車場の方が満開ですよ」と教えていただき、歩いていくか迷ったのですが、暑いので、クルマで南駐車場へ向かいました。

駐車料金が無料なので、自由に移動可能です。(笑)

  

s-IMGX160723_5642

南駐車場側の「カリヨンの丘」のひまわりです。

満開に近い7~8分咲きという感じで、一番いいきれいな時で、たっぷり楽しめそうです。

  

s-IMGP1607237921_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F7.1 1/400 ISO250 >

それほど広いひまわり畑ではありませんが、丘にうまく植えているので、写真の撮り方次第で広さを表現できます。

   

s-IMGP1607237922_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F7.1 1/400 ISO160 >

時計の下にあるのが「チューブラーカリヨンベル」で、正時になると音楽が流れてきました。

  

ここからは、この「カリヨンの丘」で撮影したいろいろなひまわりがいっぱい続きます。(汗)

  

s-IMGP1607237925_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F4.5 1/400 ISO125 >

ちょっとノッポのひまわりを意識して撮影しました。

  

s-IMGP1607237931_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.2 1/1000 ISO100 多重露光 >

一面のひまわりを意識して多重露光で、柔らかく撮影しました。

  

s-IMGP1607237950_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.5 1/320 ISO100 >

ここは、レモンイエローとオレンジのひまわりが植えられていて、青空との彩りも楽しめました。

  

ここでちょっとレンズを交換してみました。

s-IMGP1607237971_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED ; F8 1/200 ISO100 >

フィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)に交換して、手持ちのカメラを頭の上の出来るだけ高く持ち上げて、ノーファインダーで撮影しました。

ドローンで上から撮影した雰囲気を出したつもりです。(汗)

  

s-IMGP1607237975_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED ; F8 1/200 ISO100 >

フィッシュアイレンズ定番の主題に寄っての撮影です。(手前のひまわりの間近に寄っています。)

   

今度は、100mmマクロに交換しました。

s-IMGP1607237986_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F3.5 1/320 ISO200 >

マクロで前後のボケを意識しました。

  

s-IMGP1607237995_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/400 ISO100 >

適当に雲があり日差しガンガンではないけど、青空がいい雰囲気だったので、青空背景に。

   

s-IMGP1607238000_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO100 >

RAWで撮影して現像時に、ちょっとビビットに現像しました。

  

s-IMGP1607238001_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO100 >

マクロのボケを生かして、多重露光でなく、前ボケでほんわか風に撮影しました。

  

s-IMGP1607238007_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F4.5 1/320 ISO320 >

マクロレンズらしく、寄って撮影しました。

最初は絞り開放で撮影したのですが、ひまわりの花のピンポンとしかピントが合わずイマイチだったので、被写界深度が欲しくてちょっとだけ絞りました。

  

s-IMGP1607238027_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F4 1/320 ISO400 多重露光 >

マクロの多重露光で柔らかくしました。

  

s-IMGP1607238031

これは、完全なお遊びです。

日の丸構図でマクロの大写しにした後、多重露光で遠くを撮影しました。

   

s-IMGP1607238055_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F5 1/400 ISO160 >

ひまわりには、ハチがたくさんやってきました。

ひまわりにちょっとプラスすると楽しめます。

   

s-IMGP1607238043_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F5 1/400 ISO200 >

最近あまり見かけなくなった「アマガエル」がひまわりの間にたくさんいました。

ちっちゃいカエルは可愛いですね。

  

ここからは、「馬見丘陵公園」の様子を少しだけアップします。

  

s-IMGX160723_5649

歩道がしっかり整備されていて、緑の中の散策が楽しめます。

一緒に行った奥さんと上の娘ですが、他に人がいなく、ガラガラの公園です。

子供用の遊具などもあり整備にけっこうお金がかかっていると思います。

遊具のあるエリアは、家族連れが多かったです。

   

s-IMGX160723_5650

s-IMGX160723_5673

この公園は、古墳群の中を整備した感じで、ちょっと小高いところがあると、みんな古墳です。

  

s-IMGX160723_5656

公園の中には、大きくきれいな池もあります。

水鳥の野鳥が居てもおかしくないのですが、見かけませんでした。

   

s-IMGX160723_5664

中央口にある「公園館」です。

「馬見丘陵公園」の古墳など公園のことが説明されています。

   

初めての公園でどんなところかと思いましたが、四季を通して花を楽しめそうな公園で、リピーターとなりそうです。

とくに秋のダリアは、見ごたえ(撮りごたえ)がありそうで、野鳥と合わせて、また行ってみたいですね。

   

フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008