28公園へネタ探し Feed

2016年7月24日 (日)

ひまわり撮りに奈良へ<お初の奈良県立馬見丘陵公園へ>

その場所は、金曜日の夜、JR大阪駅で知りました。

会社帰りにヨドバシカメラへ寄ろうと大阪駅を抜けていると、グランフロント側のスペースで、ゆるキャラ(着ぐるみ)が聞いたことのないところのひまわりのPRをしていました。

気になったので、パンフレットをもらいながら場所を聞くと奈良とのことでした。

自宅に戻って調べてみると、クルマで約1時間ということで、行ってみよう!となりました。

   

それが、「奈良県立馬見丘陵公園」です。

s-IMGX160723_5667

  

「馬見ひまわりウィーク」は、次の土曜日からですが、今年は全体的に花の開花が早めなので、咲き始めているだろうと安易な考えで、昨日の土曜日に出かけてきました。 (人出も少ないだろうとの読みです。)

ネットで調べると、けっこう広い公園で、駐車場も何か所かあり、それぞれの近くに「ひまわりポイント」があることがわかりました。

とりあえず、自宅から一番近い方、北駐車場へとめて「集いの丘」のひまわりへ行ってみました。

  

s-IMGX160723_5637

北駐車場からの入り口です。

広い公園ですが、何と入園料無料&駐車料金無料です。奈良県、すごい!

それ比べて大阪府のケチクサイこと!(汗)

  

s-IMGP1607237899_SYLKP

ちょうど夏の花の「百日紅(サルスベリ)」の花がきれいに咲いていました。

  

s-IMGP1607237905

集いの丘のひまわりですが、1~2分咲きというところで、まだちょっと寂しい感じでした。

とりあえず、咲き始めの生き生きしたひまわりと撮ってみることにしました。

  

s-IMGP1607237912_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/1000 ISO100 >

前ボケを生かして撮影しました。

  

s-IMGP1607237915_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.2 1/800 ISO100 >

ここは、レモンイエローのひまわりがメインでした。

  

ここで撮影していると、地元のカメラマンの方から「南駐車場の方が満開ですよ」と教えていただき、歩いていくか迷ったのですが、暑いので、クルマで南駐車場へ向かいました。

駐車料金が無料なので、自由に移動可能です。(笑)

  

s-IMGX160723_5642

南駐車場側の「カリヨンの丘」のひまわりです。

満開に近い7~8分咲きという感じで、一番いいきれいな時で、たっぷり楽しめそうです。

  

s-IMGP1607237921_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F7.1 1/400 ISO250 >

それほど広いひまわり畑ではありませんが、丘にうまく植えているので、写真の撮り方次第で広さを表現できます。

   

s-IMGP1607237922_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F7.1 1/400 ISO160 >

時計の下にあるのが「チューブラーカリヨンベル」で、正時になると音楽が流れてきました。

  

ここからは、この「カリヨンの丘」で撮影したいろいろなひまわりがいっぱい続きます。(汗)

  

s-IMGP1607237925_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F4.5 1/400 ISO125 >

ちょっとノッポのひまわりを意識して撮影しました。

  

s-IMGP1607237931_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.2 1/1000 ISO100 多重露光 >

一面のひまわりを意識して多重露光で、柔らかく撮影しました。

  

s-IMGP1607237950_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F3.5 1/320 ISO100 >

ここは、レモンイエローとオレンジのひまわりが植えられていて、青空との彩りも楽しめました。

  

ここでちょっとレンズを交換してみました。

s-IMGP1607237971_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED ; F8 1/200 ISO100 >

フィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)に交換して、手持ちのカメラを頭の上の出来るだけ高く持ち上げて、ノーファインダーで撮影しました。

ドローンで上から撮影した雰囲気を出したつもりです。(汗)

  

s-IMGP1607237975_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED ; F8 1/200 ISO100 >

フィッシュアイレンズ定番の主題に寄っての撮影です。(手前のひまわりの間近に寄っています。)

   

今度は、100mmマクロに交換しました。

s-IMGP1607237986_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F3.5 1/320 ISO200 >

マクロで前後のボケを意識しました。

  

s-IMGP1607237995_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/400 ISO100 >

適当に雲があり日差しガンガンではないけど、青空がいい雰囲気だったので、青空背景に。

   

s-IMGP1607238000_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO100 >

RAWで撮影して現像時に、ちょっとビビットに現像しました。

  

s-IMGP1607238001_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO100 >

マクロのボケを生かして、多重露光でなく、前ボケでほんわか風に撮影しました。

  

s-IMGP1607238007_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F4.5 1/320 ISO320 >

マクロレンズらしく、寄って撮影しました。

最初は絞り開放で撮影したのですが、ひまわりの花のピンポンとしかピントが合わずイマイチだったので、被写界深度が欲しくてちょっとだけ絞りました。

  

s-IMGP1607238027_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F4 1/320 ISO400 多重露光 >

マクロの多重露光で柔らかくしました。

  

s-IMGP1607238031

これは、完全なお遊びです。

日の丸構図でマクロの大写しにした後、多重露光で遠くを撮影しました。

   

s-IMGP1607238055_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F5 1/400 ISO160 >

ひまわりには、ハチがたくさんやってきました。

ひまわりにちょっとプラスすると楽しめます。

   

s-IMGP1607238043_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F5 1/400 ISO200 >

最近あまり見かけなくなった「アマガエル」がひまわりの間にたくさんいました。

ちっちゃいカエルは可愛いですね。

  

ここからは、「馬見丘陵公園」の様子を少しだけアップします。

  

s-IMGX160723_5649

歩道がしっかり整備されていて、緑の中の散策が楽しめます。

一緒に行った奥さんと上の娘ですが、他に人がいなく、ガラガラの公園です。

子供用の遊具などもあり整備にけっこうお金がかかっていると思います。

遊具のあるエリアは、家族連れが多かったです。

   

s-IMGX160723_5650

s-IMGX160723_5673

この公園は、古墳群の中を整備した感じで、ちょっと小高いところがあると、みんな古墳です。

  

s-IMGX160723_5656

公園の中には、大きくきれいな池もあります。

水鳥の野鳥が居てもおかしくないのですが、見かけませんでした。

   

s-IMGX160723_5664

中央口にある「公園館」です。

「馬見丘陵公園」の古墳など公園のことが説明されています。

   

初めての公園でどんなところかと思いましたが、四季を通して花を楽しめそうな公園で、リピーターとなりそうです。

とくに秋のダリアは、見ごたえ(撮りごたえ)がありそうで、野鳥と合わせて、また行ってみたいですね。

   

2015年7月 4日 (土)

待望のレンズがやって来たので飛びもの撮影<伊丹スカイパーク>

一週間遅れとなりましたが、先週末、カメラと一緒に手配していた待望のレンズ「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」が、予想外の早さで手に入りました。

ネットでは数ヶ月待ちも普通と言われている超人気レンズが、2週間で入荷です。
写真お友達の方から紹介していただいた梅田のカメラ店で購入して大正解でした。
いつも購入している自宅近くの全国区のカメラ店だったら、本当に数ヶ月待ちだったことでしょう。
ホント、ラッキーでした。

IMGX150627_1682

これが今回購入した「CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」です。

早速、カメラにセットしてみました。

IMGX150627_1686

カメラを始めた頃からの白レンズです。

重量級のレンズですが、EOS 7D Mk2とセットすると、現在、動体には最強の組合せと言われています。

  

IMGX150627_1687

焦点距離を1.4倍にする「CANON EXTENDER EF1.4×III」をセットしました。

これで35mm換算で約890mmの超望遠となります。

開放絞りがF8とちょっと暗くなりますが、野鳥撮りにも強力な武器になりそうです。

   

この最強コンビの力を試したくて、先週日曜日に伊丹空港の伊丹スカイパークへ行ってきました。

IMGX150628_1691

着いた時にちょっと通り雨がパァ~と降ってきましたが、飛行機が間近に見られて、動体撮影のお試しには最高です。

  

IM7D1506280171

<レンズ焦点距離312mm F5.6 1/2000 ISO500>

伊丹空港のターミナルビルを背景にJALのB737-800です。

さすが最新のCANONのLレンズですね、数百m先の被写体もクッキリです。

  

IM7D1506280402

<レンズ焦点距離100mm F4.5 1/4000 ISO320>

滑走路が平行に2本ある伊丹空港ならではの離陸機(手前のANA機)と着陸機(奥のIBEX機)です。

このタイミングで撮影できるのは、ちょっと珍しくないでしょうか?

   

IM7D1506280540

<レンズ焦点距離158mm F5 1/4000 ISO640>

ANAのB737-500で、エアーニッポン時代の愛称が「スーパードルフィン」ということで、エンジンにイルカのイラストが書かれています。

   

動体最強コンビの力がどんなものかと、飛びものド素人の私が、無謀にもシャッター速度1/30で流し撮りにチャレンジしてみました。

IM7D1506281040

<レンズ焦点距離153mm F22 1/30 ISO100>

数百枚撮影した中に、おッ!写っているやん!というのがありました。

離陸するJ-AIRのエンブラエル170です。

等倍で見ても、それなりに止まっていました。

止まっている基準で、構図は二の次ということでご容赦ください。

  

IM7D1506281052

<レンズ焦点距離153mm F25 1/30 ISO100>

ずっと追いかけていき、飛び上がったところでも、それなりに止まっていました。

この間は、ボロボロです。(やっぱり難しいですね。)

  

IM7D1506281077

<レンズ焦点距離153mm F22 1/30 ISO100>

何度もチャレンジしてみました。

JAL(J-AIR)機です。塗装は違いますが、同じくエンブラエル170だと思います。

  

IM7D1506281101

<レンズ焦点距離153mm F25 1/30 ISO100>

正面では止まらず、次に止まっていたのは、やはり飛び立ったあとでした。

  

IM7D1506281109

<レンズ焦点距離200mm F29 1/30 ISO100>

等倍で見るとちょっとブレていますが、パッと見は止まっているようなので、アップしました。

ANAのボンバルディアDHC8です。

このシャッター速度だとプロペラが廻っているように写ります。

   

IM7D1506281274

<レンズ焦点距離248mm F22 1/30 ISO100>

前ボケを意識した位置に立って撮影しました。

AFで追いかけていますが、飛行機にちゃんとピントが合ったまま撮影出来ます。

このAF精度は、さすがCANONという感じです。

  

飛行機撮影のもう一つの撮影ポイントが、着陸時のタイヤスモークです。

秒間10コマの高速連写で追ってみました。

IM7D1506281453

<レンズ焦点距離400mm F5.6 1/4000 ISO250>

左右のタイヤが同時に着地することは、ほとんど無く、どうしても片輪のスモークとなります。

この場合は、向かって右側の車輪は、ずっと手前で着地してから、左側の車輪が着地した時です。

  

IM7D1506281511

<レンズ焦点距離400mm F5.6 1/4000 ISO320>

この時は、向かって右側が後から着地しました。

   

今度は、シャッター速度を1/60にして、ちょっと背景が動く雰囲気で撮影しましたが、この速度ではインパクトがありませんね。

IM7D1506281652

<レンズ焦点距離286mm F22 1/60 ISO100>

着地時のタイヤスモークです。

この構図では、背景もまったく流れませんん。

タイヤスモークも微妙に左右がずれていました。

  

IM7D1506281599

<レンズ焦点距離100mm F25 1/60 ISO100>

離陸時のANA機ですが、このシャッター速度では、前ボケも背景も、流れが足りませんね。

やっぱり流し撮りでは、1/30秒以下のゆっくりしたシャッター速度にする必要があります。

1/60秒の方が、歩留まりは良かったですが。(汗)

   

ここからは、普通に高速シャッターで撮影したものです。

IM7D1506281701-001

<レンズ焦点距離287mm F5 1/2000 ISO100>

AF精度がどんなものかと等倍にしてみると、あらためて、そのAF精度とレンズの解像度に感心させられました。

   

IM7D1506281701

上の写真のコックピット部分を切り出してみました。

パイロットの顔や、ヘッドセットのケーブルがはっきり写っています。

  

IM7D1506281995

<レンズ焦点距離158mm F4.5 1/2000 ISO100>

小さいですが、奥のブルーの飛行機は、着陸するところです。

手前のANA機は離陸するところです。

  

IM7D1506282032

<レンズ焦点距離100mm F5 1/2000 ISO100>

着陸後の走行中のANA機(左側)と離陸中のANA機です。

秒間10コマの高速連写が、ちょうどタイヤが滑走路から離れた瞬間を捉えていました。

秒間10コマは、こんな瞬間が撮れたりしますが、その分、すごい枚数のボツ写真を作ってくれます。

この日は、2時間ほどで1500枚ほど撮影しましたが、1000枚以上がゴミ箱行きです。

この連写は、必要なときだけにして、普段は低速連写(秒間3コマ)か、静音連写(秒間4コマ)を使う方が良さそうです。

   

次は、テレコン「EXTENDER EF1.4×III」をセットした時の写りです。

IM7D1506281748

<レンズ焦点距離560mm F9 1/2500 ISO250>

×1.4テレコン(EXTENDER)をセットしても、写りの劣化はあまり感じられません。

但し、開放絞りがF8となるため、AFポイントが中心のみになるので、どうしても日の丸構図で追いかける感じになります。

  

IM7D1506281812

<レンズ焦点距離560mm F8 1/2500 ISO320>

35mm換算約890mmの超望遠の迫力ある画像です。

トリミングしなくても迫ってくる力強い写真が撮れそうです。

  

IM7D1506281819

<レンズ焦点距離560mm F8 1/2500 ISO250>

AFはしっかりと追い続けてくれます。

撮影するものは、シャッターボタンを押しながら、ファインダー内で被写体をしっかり追い続けるだけです。

しかし、重量級のカメラとレンズのため、それだけのことが、結構厳しく、被写体が上下左右にブレブレです。

  

IM7D1506281825

<レンズ焦点距離560mm F9 1/2500 ISO320>

まだまだAFは追い続けてくれます。

このセットでは、止まっている野鳥しか撮ることが無いと思うので、これだけ解像してくれたら野鳥もきれいに撮れそうです。

  

  

IM7D1506282039

<レンズ焦点距離400mm F5.6 1/2000 ISO100>

最後に飛び立った後、青空に向かっていく飛行機を撮影しました。

通り雨もあがり、青空が出てきて、いい雰囲気に撮れました。

さすがにこれは大幅にトリミングしています。

  

  

IMGX150628_1693

お昼すぎに帰る時の伊丹スカイパークです。(これは、CANON PowerShot G7Xで撮影)

ここは、子供用の遊技機もあり、家族連れが楽しめる公園です。

  

  

「CANON EOS 7D Mk2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の初撮り&試し撮りでしたが、雑誌などの記事通りの素晴らしい動体撮影能力を確認することが出来ました。

今まで、「PENTAX K-5IIs」と「Panasonic LUMIX GH3」では、静態撮影では、それぞれの特徴を活かして、問題はありませんでしたが、動体撮影はほぼ不可能に近く、諦めていました。

これからは、この「CANON EOS 7D Mk2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」で、動体もバリバリ撮影出来そうです。

  

早速、野鳥の撮影がしたいと思い、今日(4日土曜日)出かける予定でしたが、雨で諦めることになりました。(残念!)

早く野鳥を撮ってみたいですね。(他にも被写体はいっぱいあるって、か?(汗))

  

2015年5月23日 (土)

久々に大阪城公園へ(お初のホトトギス)

午後から環状線の桜ノ宮駅近くにちょっと用事があり、それであればと午前中に久々に大阪城公園へ行ってきました。

お城や桜、梅を目的に行ったことはありましたが、今日は初めて野鳥が目的です。

   

都会のど真ん中にある大阪城公園ですが、広い森があり、大阪府内で一番の野鳥ポイントなのです。

今シーズンの野鳥は、もうピークを過ぎていますが、来シーズンに向けて一度行っておこうということで、お試しのような感じで行ってきました。

   

IMGX150523_1347

環状線の大阪城公園駅側から入ると、太陽の広場で「タイフェスティバル大阪」という大きなイベントがある様子でした。

到着した時は10時前で、まだ準備中でした。

   

IMGX150523_1352

タイということで、「トゥクトゥク」が止まっていました。

日本仕様で、ナンバープレートまで付いていました。

タイの実際の「トゥクトゥク」とは、中身はぜんぜん違うのでしょうね。

  

野鳥を探しながら、記念樹の森(緑のリズム)から市民の森を歩いていると生で聞くのは初めての鳴き声が聞こえました。(テレビなどでは聞いたことがある声です。)

その時、カメラマンの集団が目に入りました。

やはり何かいるようです。

お聞きすると「ホトトギス」とのことで、お初なので撮らねばと、ご一緒させていただきました。

   

しかし、声は何度も聞こえるのですが、木々の緑の上で鳴いていて、姿が見えません。

真上で鳴いていても、見つかりません。

  

こんな感じです。(鳴き声のみで、姿は見えません。)


YouTube: 大阪城の ホトトギス(さえずりのみ)

「特許許可局」って聞こえましたか?

  

オスとメスがいるようで、オスが鳴いて移動すると、後をメスが一緒に移動している感じでした。

  

するとメスが、いい位置に止まってくれました。

P1505231260586

羽が少し赤い「ホトトギス」のメスで、赤色型と言われる少し珍しいタイプとのことです。

   

P1505231260602

「ホトトギス」らしい縞模様がはっきり見えます。

   

P1505231260665

首を伸ばして何かを探しているようです。

オスを探しているのでしょうか?

   

この後もオスの鳴き声(さえずり)は何度も聞こえるのですが、やはり姿が見えません。

お昼をまわり、タイムリミットになり、諦めることになりました。

   

P1505231260683

市民の森から見た大阪城・天守閣です。

ガラス窓が見えるのですが、ちょっとお城には合わないですね。

   

P1505231260688

記念の森に咲いていた「ビヨウヤナギ(未央柳)」です。

   

P1505231260697

中国原産の植物で約300年前に渡来したそうです。「キンシバイ」の仲間です。

いかにも繁殖力がありそうな感じがします。

   

IMGX150523_1359

朝、準備中だった「タイフェスティバル」は、すごい賑わいになっていました。

   

IMGX150523_1362

ここのどこかでお昼を食べようかと思ったりもしていたのですが、どこも行列で諦めました。

   

しかし、最近、こういう食のフェスティバルが増えましたね。

完全にブームですね。 いつまで続くやら。

   

  

桜の宮の目的地のさをり織りの大阪本部です。

IMGX150523_1418

上の娘が通っている就労支援施設の展示会が行われています。

   

IMGX150523_1382

娘たちが織ったさをり織りの布を使って、ティディベアなどの作品にしています。

一人ひとりの個性たっぷりのさをり織りが、こうして作品となることでみんな嬉しいようです。

目標となるものが出来るということは、イイですね。

   

2015年2月 7日 (土)

寒いけど春が見えてきました

約1ヶ月ぶりのアップとなってしまいました。

(別宅の野鳥不定期日記blogには、野鳥撮りの散歩の様子を毎週のようにアップしていました。)

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。

でも、自然界では着実に春が近づいてきています。

  

今日、野鳥撮りを兼ねて尼崎市の「農業公園」へ行ってきました。

IMGX150207_0310

初めて来ましたが、冬なので花はほとんどありませんが、春になると梅、桜といろいろな花が楽しめる公園のようです。

  

この冬、この公園に2種類の少し珍しい野鳥がやって来ていて、Birderさんの注目の的となっています。

そこで、今日、ちょっと足を伸ばして行ってきました。

野鳥の詳しい報告は、別宅の野鳥不定期日記の方へアップします。

  

1枚だけアップします。

P1502071220394

「オオアカハラ」という渡り鳥です。

夏は千島列島などで繁殖して、冬は日本に南下して越冬するようです。

数が少なく、珍しい野鳥です。

  

野鳥を探して公園の中を散歩していたら、可愛い野ネコがいました。

P1502071220474

他にも数匹いましたが、どのネコもよく栄養が摂れているようでした。(笑)

地元の人によくなついていたので、可愛がられているのでしょう。

  

公園には梅林もありました。

まだ数は少ないですが、寒梅が咲き始めていました。

IMGP1502072170_SYLKP

日差しがあたると「春が近づいてますよ」という声が聞こえそうでした。

  

IMGP1502072174_SYLKP

まだ花は少ないですが、梅の香り梅林に広がっています。

  

IMGP1502072180_SYLKP

白梅も咲き始めています。

   

IMGP1502072189_SYLKP

この「農業公園」で野鳥だけでなく、春の近づきを見ることが出来ました。

  

そして、野鳥とは関係なく、花を楽しむために、またこの公園に来てみたくなりました。

  

<梅の写真は、全てPENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM にて>

  

2013年10月18日 (金)

初めてのハーベストの丘

3連休の中日の日曜日に、以前から一度行きたかった堺市にある「ハーベストの丘」へ行ってきました。

(ハーベストの丘とは、甲子園8個分の広さの、花・緑・動物など自然とふれあえる農業公園(ファームパーク)です。)

IMGPQ1310130543_edited-1 

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

ひろ~い駐車場にクルマを止めて、入り口へ向かいます。

広さにちょっとびっくりしています。

お天気は最高です。

   

IMGPQ1310130548_edited-1

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

入口ゲートです。

開園前ですが、多くの人が並んでいます。

    

IMGPQ1310130546_edited-1

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

「ハーベストの丘」の全体マップです。

大きく「街のエリア」と「村のエリア」という二つのエリアに分かれていて、その間を吊り橋で行き来するようになっています。

   

IMGPQ1310130561

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

その吊り橋です。

けっこう長い吊り橋で、多くの人が渡っていると、横揺れが大きく、高所恐怖症の私にはちょっと辛いくらいでした。

   

吊り橋を渡って午前中に牧場とコスモス畑のある村のエリアに向かいました。

IMGP1310133537

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

遠くから見てアルパカかと思いましたが、ラマの親子です。

  

IMGP1310133680

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

笑い顔が可愛いお父さんラマです。

   

IMGP1310133539

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

エサを求めて一直線のヒツジたちです。

  

IMGP1310133546

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

微笑みが可愛いヒツジさんです。(花を加えているのがポイントです。)

   

IMGP1310133712

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

ちょっと笑っているようにも見えるヒゲが立派なヤギさんです。(奥のヤギと親子です。)

もっとたくさんの可愛い動物たちがいましたが、ふれあい動物園になっていて、子どもたちがいっぱいで、あまり撮れませんでした。

  

  

ここからは、満開のコスモス畑です。

IMGP1310133723

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

ここのコスモス畑は、外から見たり、写真を撮ったりするのは自由ですが、中に入れないようになっています。

入れないのが寂しい気もしますが、こうした写真を撮る時に人が入らないのは、良いところです。

     

IMGPQ1310130588

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

これだけ広いコスモス畑で人が一人も入らないように撮れるのは、珍しいのではないでしょうか。

周りには人がいっぱいですが、ちょっと工夫すれば、このように撮れました。

   

IMGP1310133649

<PENTAX Q7+PENTAX-02 STANDARD ZOOM>

真っ赤なサルビアとコスモスです。

   

IMGP1310133632

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

  

IMGP1310133578

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

観覧車を大きくボカして背景に入れました。

   

IMGP1310133612

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

  

IMGP1310133604

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

花がいっぱいなので、チョウも舞っていました。

   

IMGP1310133596

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

PENTAX K-5IIsのカスタムイメージの「ほのか」を使って撮影してみました。

   

IMGP1310133598

<PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM>

PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM の組合せで絞りF4の開放で撮影したので、背景がきれいにボケてくれました。

この組合せに「ほのか」は、思ったより合いますね。

   

IMGP1310133725

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

池には、足こぎボートがあり、待ち時間が長くても多くの人が並ばれていました。

  

  

午後からは、街のエリアに戻って、ちょっと遊んだりもしました。

IMGP1310133736

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

ここで一番人気があった「芝すべりゲレンデ」です。

ソリに乗って滑る大きな滑り台という感じですが、こちらもたくさんの人が並んでいました。

(人が多すぎると危険ということで人数を制限していました。)

  

IMGP1310133758

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

何十年ぶりかに観覧車に乗ってみることにしました。

観覧車の大きさはそれほど大きくありませんが、高台の上にあるので、標高はそこそこ高いので、見晴らしはよかったです。

   

IMGP1310133773

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

観覧車から見た「ハーベストの丘」です。

遠くに六甲の山並みが見えています。

   

IMGP1310133770

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

望遠でアップすると、神戸のビル群や船を見ることが出来ました。

手前は高石市のコンビナートだと思います。

この日は、空気に透明感が無く、ちょっとモヤッとしていました。

  

IMGP1310133778

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

北の方を見ると大阪市内のビル群が見えます。

ひときわ高いのは、「あべのハルカス」です。(さすが日本一ですね。)

   

IMGP1310133739

<PENTAX K-5IIs+SIGMA 18-250mm F3.5-5.6 DC MACRO HSM>

流行りのゆるキャラの「みのりちゃん」です。

ちょっとお疲れのようで、グッタリしながら歩いていました。

でも、子供が近づくと、元気よく振舞っていました。

お天気がよかったので、中は地獄でしょうね。

    

IMGP1310133792

「ハーベストの丘」が、ファームパークということもあり、駐車場の横に農産物直売所があり、新鮮な野菜がお安く売られていました。

また、園内で作られたビールやハム、ソーセージやパンなどが、園内売店で売られています。

こちらはちょっとお高かったですが、どれも新鮮で産地直売という感じで美味しかったです。

   

    

こんな感じで初めての「ハーベストの丘」を楽しむことが出来ました。

もう一度行きますか?と聞かれると、ちょっと微妙ですね。

万博公園のように近くにあると行くと思いますが、高速で1時間かけては行かなような気がします。

堺市周辺の方には、子どもたちと一緒に行くにはいいところだと思います。

     

フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008