04モノクロの世界 Feed

2011年6月11日 (土)

懐かしいご近所を散策(その2)<伊射奈岐神社モノクロの世界>

先週の日曜日の佐井寺付近散策から、今日は歴史ある「伊射奈岐神社」です。

この周辺には、ニ座の「伊射奈岐神社」があります。

一つは、毎年、初詣に行ったり、えべっさんの時に行く旧山田村にある「伊射奈岐神社」で、もう一つが今回行った旧佐井寺村の「伊射奈岐神社」です。

その歴史については、両社で説明が少しずつ異なりますが、旧山田村にある「伊射奈岐神社」の祭神が「伊射奈美大神(伊邪那美命(イザナミノミコト))」で、旧佐井寺村にある「伊射奈岐神社」の祭神は「伊射奈岐大神(伊邪那岐命(イザナギノミコト)」です。

conv110611001

この旧佐井寺村の「伊射奈岐神社」の歴史は、雄略天皇22年(478)9月に始まったとのことですから、すごく歴史ある神社ということです。

   

conv110611002

「佐井寺村」と「伊射奈岐神社一座」と刻まれた社標石が残っています。

この社標石の建立は元文2(1737)年頃だそうです。

   

conv110611005

この旧佐井寺村の周辺は、千里丘陵のなかでも高低差の大きな地域で、この「伊射奈岐神社」もこのような階段の上に建っています。

周りは竹林が多く生活には不便な土地だったともうのですが、池が多くあり、水が豊富だったことから、この地に村が出来たのかもしれません。

今はほとんどの池が埋め立てられていますが、吹田は水が良いということは近代でも有名で、アサヒビール発祥の地としてそのおいしい水を使ってビール工場を建てたのです。

   

この階段の下にあった御手洗所です。

conv110611003

これは明らかに最近造られた感じですが、ぶら下げてある手拭いが何となく良くて、撮ってみました。

   

今では、ほとんど歩くことのなかった佐井寺地区ですが、こうして今歩いてみると、いろいろと歴史ある見どころもあり、いいところだったなぁと思います。

   

ずっと、モノクロに現像した写真をアップしてきましたが、一番上の「伊射奈岐神社」の本殿は、どのような色をしているか、想像できますでしょうか?

しっかり想像してから、次のページを開いてみてください。

   

続きを読む »

2011年6月 7日 (火)

懐かしいご近所を散策(その1)<佐井寺モノクロの世界>

小学校4年の頃、父の仕事の関係で約6か月ほど住んだ吹田市佐井寺地区を40数年ぶりに散策してきました。

と言っても、今の住まいから歩いて20分ほどなので、行こうと思えばいつでも行けるところで、毎週のようにすぐ横はクルマで通っていたのですが、ここは昔の佐井寺村のまま現在に至っているため、道が狭くてなかなかクルマでは入れませんでした。

そこへ、日曜日に少し時間があったので、運動がてら歩いて散策してきたのです。

その様子を懐かしさを出してモノクロで現像してみました。

conv110607004

正面の賃貸マンションがあるところに当時は父が勤めていた会社の社宅があり、そこに住んでいました。

手前のシャッターが下りているところは雑貨屋さんで、ここに同級生が住んでいて、いつも一緒に阪急・千里山駅のすぐ近くにある小学校へ通っていました。

この様子は、40数年の時を感じさせてくれます。

   

ここからは、佐井寺村の地名のもとになった「佐井寺」の様子です。

conv110607003

記憶はほとんどないのですが、見ていると何となく部分的に記憶が蘇ってくる気がしました。

   

conv110607005

ちょっと古びた鐘楼に歴史が感じられます。

調べたところ、何と現存する近世の鐘楼としては大阪府下で2番目の古さ(江戸前期)だそうです。

  

conv110607002

佐井寺の起源は天平7(735)年との記録があるということなので、この地域の歴史の長さがわかる気がします。

  

その佐井寺の御手洗所が面白くて、目が留まりました。

conv110607001

ちょっと笑顔に見える竜の口から水が流れているのです。

それをバケツで受けているのも何となく長閑な感じです。

当然ですが、ちゃんと下には石でできた水の受け台がありますので念のため。

   

こんな感じで懐かしさを感じながら、約3時間ほどで、8キロほどを歩きました。

次回は、佐井寺のすぐ横にある神社を紹介させていただきます。

  

久々のモノクロですが、如何でしたでしょうか?

   

2007年3月 3日 (土)

梅田が変わる!

今、大阪梅田が変わろうとしています。
5mzz2jme

上の写真は、昨年暮れに撮ったものでちょっと古いですが、わかられるでしょうか?

私は、梅田というと阪急のイメージがあるのですが、その阪急百貨店の建替えが進んでいます。
あのレトロな建物の半分が消えたのが上の写真です。
ちょっとレトロ風にモノトーンに加工してみましたが、画像が小さくわかりにくいですね。

元の写真は下のような感じです。
J0i6_usf
JR大阪駅と阪神百貨店を結ぶ歩道橋の上から撮ったものです。
消えた建物の部分に2年後には41階建てのオフィスビルが建つそうです。
その後、今写っている古い建物も建て替えられ、2011年春に新しい阪急百貨店がオープンするそうです。
それとほぼ同時期に、ヨドバシ梅田店のすぐ西側のJR貨物・梅田貨物駅跡地に巨大な商業施設が完成します。

ヨドバシ梅田店が出来たときに変わったなぁと思いましたが、4年後、どんな都市に変わるのでしょうね。

ちょっとした理由により、今日から数日間(いつまでかは不明)は、新しい写真を撮れなくなりました。
当分は、古い写真などで細々とつなぐことになりそうです。
その理由は、新しい写真をアップできるようになったときに発表したいと思います。
(ヒントが、どこかのblogで出るかもわかりませんが、ご想像下さい。wink

2005年9月10日 (土)

色のある世界です。

Tkofudgc


今日は、一昨日のモノクロの世界の現実の色のある世界です。

モノクロ写真からイメージした通りのカラーの世界だったでしょうか?
滝の写真や木陰の小道の写真は、普通にイメージした通りだと思いますが、遊園地の遊具のイメージはどうだったでしょうか?

H1vmgivx

やっぱり滝は、カラーの方が、音が聞こえてきそうですね。

Fdejq0m3

如何だったでしょうか?


今日の夕方、久々にネコの里に行ってきました。cat
前にネコたちを見てから、台風が来たり、激しい夕立が降ったりしたので少し気なっていました。
でも、ネコたちは、それくらいのことでは負けていませんでした。
前に見たときより、みんな元気にしていました。
(少し涼しくなったのもあるのかもしれませんね。)
今日は、夕方に行ったので今まであまり見ることの無かったネコたちとも会うことが出来ました。
写真は、明日から紹介します。

2005年9月 8日 (木)

デジタル一眼でモノクロ

Qhjq16_x

今日は、EOSKiss DNのモノクロ撮影機能を利用して写したスナップです。

モノクロだと、無人の遊園地の遊具が、何か寂しげに見えるように思います。

今までも何度かモノクロの写真をアップしましましたが、全てカラーで写して、ソフトでモノクロやセピアにしていました。
最初からモノクロで写すことでまた違った感じに撮れたようにも思います。

Psdleezp

この小さな滝の写真は、水の流れを撮るためにシャッター速度を1/20にしています。
さすがに手持ちではブレブレになったので、適当な石の上に置いて、セルフタイマーを利用して写しました。

水の流れを少しでも感じてもらえますでしょうか?
見ていて流れの音が聞こえてくるような写真が撮りたいですね。

U6ia3fej


公園の中の木陰の小道です。
緑豊かな小道も涼しげに見えるような気がします。

それぞれどのようなイメージに見えましたでしょうか?
自分で色をイメージして頂けると幸いです。
土曜日くらいにそれぞれのカラー版を載せてみたいと思います。
smile
フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008