10夕焼け&月&夜景 Feed

2016年12月10日 (土)

初めての「1000000人のキャンドルナイト」へ

12月7日水曜日の会社帰りに以前から気になっていた「1000000人のキャンドルナイト @OSAKA CITY 2016 Winter」に少しだけ立ち寄ってみました。

福島から梅田までの西梅田一帯で行われているので、会社帰りに阪神福島駅で降りてぶらぶら散歩がてらに写真を撮りながら帰りました。

すべて「CANON PowerShot G7X」を手持ちで撮影しています。

   

福島駅を降りて、まずは「キャンドルの光の海」と言われる西梅田公園へ向かいました。

  

s-IMGX161207_6801

見事な「キャンドルの光の海」です。

  

s-IMGX161207_6807

小さな兄妹が、いい雰囲気んだったので、ちょっと撮らせていただきました。

  

s-IMGX161207_6816

キャンドルの川のような雰囲気で。

   

s-IMGX161207_6824

G7Xなら絞り優先にセットして開放+望遠で撮影すると前ボケを生かした撮影も出来ます。

   

s-IMGX161207_6834

G7Xでは多重露光は出来ないので、テレビのコマーシャルでやっていたスマホテクニックを使って撮影してみました。

   

s-IMGX161207_6837

普通に撮影するとこんな感じです。

   

s-IMGX161207_6839

望遠でキャンドルの林のように。

   

s-IMGX161207_6848

公園の上を通る阪神高速の高架がちょっといい雰囲気だったので。

コンデジの手持ちでこれだけ撮れれば十分ですね。

   

s-IMGX161207_6891

キャンドルの海に向こうにザ・リッツ・カールトン大阪のイルミネーションです。

   

s-IMGX161207_6851

メッセージの書かれたキャンドル。

   

s-IMGX161207_6854

月がきれいだったので、月を入れて撮ってみましたが、ちょっと小さいですね。

   

s-IMGX161207_6858

キャンドルを前ボケにしてオフィスビルを。

  

s-IMGX161207_6861

カメラを頭の上に持ってキャンドルのオブジェを。

ピントを手動で一番上のキャンドルに合わせています。

  

s-IMGX161207_6868

後ボケを生かして輝くキャンドルを。

  

西梅田公園でちょっと長居をしてしまったので、梅田への帰り道は、気になったポイントだけでの撮影です。

しかし、最初は人が少なかったのですが、時間が経つと続々と人が増えてきました。

それもカメラマンの多いこと。

そして、その半分以上が今流行りのデジ一や、ミラーレス一眼をぶら下げたカメラ女子で、ちょっとびっくりでした。

  

s-IMGX161207_6895

ザ・リッツ・カールトン大阪のイルミネーションは、これだけでも見応えがありました。

  

s-IMGX161207_6898

  

s-IMGX161207_6901

キャンドル間にちょっと変わったオブジェが。

  

s-IMGX161207_6906

キャンドルを生かしたオブジェがいろいろあります。

  

s-IMGX161207_6908

ザ・リッツ・カールトン大阪では、フードカフェが賑わっていました。

しかし、なぜ、着ぐるみ?(汗)

  

s-IMGX161207_6919

木枠で組んだ棚にたくさん並ぶキャンドルです。

見てすごくきれいだったのですが、なかなか写真でうまく表現できませんでした。

  

s-IMGX161207_6933

キャンドルは、暖かい色がいいですね。

  

s-IMGX161207_6941

歩道に並べられたキャンドル。

大勢のお客さんが楽しまれています。

  

s-IMGX161207_6954

s-IMGX161207_6950

大きなオブジェを生かしたキャンドルと遠くに見えるスカイシティ梅田です。

   

s-IMGX161207_6961

劇団四季の前まで来て、大阪駅も近づいてきました。

梅田からキャンドルナイトの会場へ向かう人が続々と。

  

s-IMGX161207_6966

キャンドルナイトの説明マップです。

  

1時間余りの撮影でしたが、プチ撮影散歩を楽しめました。

そして、キャンドルの暖かい光に癒されました。

もう少しゆっくりと時間をかけて楽しみたいところですが、水曜日ですからね。

明日の仕事を考えると、ちょっと無理が出来ません。

でも、次は、デジ一で撮影してみたいですね。

   

 

2016年8月 9日 (火)

8月8日・復活「辯天宗夏祭奉納花火大会」(茨木辯天花火大会)

2013年の福知山の花火大会事故を受けて2014年、2015年と中止になっていた「茨木辯天花火大会」が、今年は復活しました!

防火や警備が厳しくなり、露店・夜店などはなかったようです。

   

実は、復活したことを全く知らず、昨日、会社帰りに岸辺駅を降りた時に、ちょうど花火が上がりだして気が付き、大急ぎで自宅に帰り、慌ててベランダで写真撮影の準備を行いました。

どのように撮るかなどの頭の準備が出てきていなかったので、昨日は、今年新しく出来た大観覧車「OSAKA WHEEL」とのコラボをメインとしました。

  

久々の花火撮影で、撮り方をすっかり忘れていました。

仕方なく、PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM で、花火撮影の定番的な撮影方法ということで、ISO100、絞りF13、シャッターはバルブで、適当なところでシャッターを開いて撮影しました。

     

大観覧車といろいろな種類・形・色の花火を楽しむことが出来ましたので、少し多いですがアップしました。

   

s-IMGP1608088104_SYLKP

       

s-IMGP1608088106_SYLKP

   

s-IMGP1608088111_SYLKP

   

s-IMGP1608088113_SYLKP

   

s-IMGP1608088123_SYLKP

   

s-IMGP1608088127_SYLKP

   

s-IMGP1608088133_SYLKP

    

s-IMGP1608088142_SYLKP

  

s-IMGP1608088144_SYLKP

  

s-IMGP1608088145_SYLKP

  

s-IMGP1608088162_SYLKP

  

s-IMGP1608088178_SYLKP

   

s-IMGP1608088190_SYLKP

   

s-IMGP1608088192_SYLKP

  

s-IMGP1608088203_SYLKP

   

s-IMGP1608088208_SYLKP

フィナーレは、眩しいくらいに光の強い花火が上がりました。

明るさがピークの時に撮影したものは、光が強すぎて真っ白に白飛びしてしまいました。

  

  

エキスポランドがあるころは、当時の観覧車やジェットコースターなどと花火のコラボを撮影していました。

ちょっと懐かしくなったので、そのころの写真データを出してきました。

  

s-dc050807005

2005年8月のエキスポランドの花火とジェットコースターです。

この当時は、エキスポランドで、8月の土日に21時ころから少しの間、花火が打ち上げられていました。

この花火が復活してくれると毎週楽しめるのでうれしいのですけどね。

   

s-dc060805131_04

2006年8月のエキスポランドの花火とエキスポランドの観覧車です。

手前に写っているマンションが、今回写っているマンションと同じですので、今回完成した大観覧車はやっぱり大きいですね。

  

弁天さんの花火も撮影した記憶があったのですが、データを見つけることが出来ませんでした。(泣)

データの整理が悪いですね。

  

  

昨夜は、同じ構図ばかりでの撮影になってしまいましたが、来年は、しっかり下調べして、花火をいろいな撮影方法で楽しみたいものです。

「茨木辯天花火大会」が復活してくれたことは、夏の一夜の楽しみが出来て、本当に良かったです。

少し距離がありますが、人出の多い花火大会へわざわざ行かなくても、自宅のベランダで撮影できるのが、最高です。

  

2016年6月24日 (金)

EXPOCITYに日本一の大観覧車完成!

万博公園のEXPOCITYに日本一の大観覧車が完成しました。

Redhorse OSAKA WHEEL」が7月1日にオープンです。(CMではありません。)

昨日23日に完成披露会として、報道陣にお披露目されたようです。

その様子は、今日、新聞やテレビで報道されていました。

昨夜、そのカラフルな大観覧車「OSAKA WHEEL」をいろいろな雰囲気で撮影しました。

    

s-IMGP1606236985_SYLKP

2009年にエキスポランドの観覧車が撤去されてから寂しかったところに、ようやく復活した感じです。

2009年のblogはこちらです。エキスポランド時代の観覧車です。

(こうして記憶を辿れるのもblogの良いところですね。)

   

s-IMGP1606236991_SYLKP

s-IMGP1606236996_SYLKP

以前は、ライトアップされているだけという感じでしたが、新しくなった「OSAKA WHEEL」は、次々の色が変わるので写真を撮っていても、いろいろ楽しめました。

(全て PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM + 三脚で撮影しています。)

   

s-IMGP1606236999_SYLKP

s-IMGP1606237001_SYLKP

30秒の長時間露光で撮影しました。

同じ30秒でもシャッターを切り始めた時からのライトの変化で雰囲気が変わります。

   

s-IMGP1606237009_SYLKP

観覧車全体が七色の虹のようになっています。

この色の変化は、やはりLEDの力でしょうか?

   

普通に撮っていても面白くないので、ちょっと遊んでみました。

というのも、東の空にちょうどいい雰囲気のお月さんが出ていたからです。

   

s-IMGP1606237013_SYLKP

おぼろ月風のお月さんを多重露光で、大観覧車の横に並べてみました。

レンズの焦点距離は変えていませんので、相対的には実際に見えているのと同じ大きさです。

でも、大観覧車は北の方向で、月は東の空なので、絶対にありえない姿です。

  

s-IMGP1606237023_SYLKP

月をほぼ適正露出で撮影した後に、大観覧車を30秒の長時間露光で重ねました。(2回の多重露光)

(全く違う方向の月と大観覧車を重ねるためにカメラを振るので、月と観覧車を「配置する位置は、その都度変わってしまいます。)

  

s-IMGP1606237037_SYLKP

今回は、月+長時間露光+ピント外しの多重露光です。(3回の多重露光です。)

大観覧車やマンションの光が丸ボケになってくれて、いい雰囲気になりました。

  

これからは、好きな時にいつでも撮れるので、今度は400mmでアップの大観覧車を撮ってみたいです。

また違う雰囲気になるのではと思います。

  

2015年12月12日 (土)

梅田スカイビル・イルミネーションほか

今日、仕事で出かけた講習会の後、娘の通っている作業所が出品している「とっておきのさをり展21」が開催されている梅田スカイビルへ行ってみました。

s-IMGX151211_3122

さをり織りを取り入れているたくさんの作業所などが、いろいろな作品を展示販売しています。

   

s-IMGX151211_3108

娘の通っている施設のコーナーです。

ホント、力作ぞろいです。

14日までですが、お時間があれば、梅田スカイビル タワーウエスト1階ロビーをのぞいてやってください。

   

この後、梅田スカイビル周辺の夕景・イルミネーションをカバンに入れているコンデジ・CANON PowerShot G7X で撮ってみました。

   

s-IMGX151211_3135

絞り優先モードで絞り開放にして、出来るだけボケが出るように撮影しました。

   

s-IMGX151211_3138

イルミネーションがきれいなメリーゴーランドを背景にした街灯です。

   

s-IMGX151211_3168

逆パターンですね。

   

s-IMGX151211_3171

ちょっといい雰囲気でした。

   

s-IMGX151211_3177

メリーゴーランドの向こうに雪だるまのイルミネーションです。

  

メリーゴーランドが動き出したので、こんな撮影もしてみました。

s-IMGX151211_3183

スローシャッターにして流し撮りです。

コンデジでもちゃんと流れています。

狙ったところが微妙にブレているのは、素人ということでお許し下さい。

  

そして、メリーゴーランドには、やっぱり人が乗っていないと。

s-IMGX151211_3158

   

s-IMGX151211_3191

何周も回っている間に何枚も撮影して、どうにか止まった風に撮れました。

でも、コンデジの液晶モニターを見ながらの流し撮りは難しいですね。

  

スカイビルから大阪駅に帰る途中にも、いろいろと撮影してみました。

s-IMGX151211_3212

大阪駅周辺の夕景です。

   

s-IMGX151211_3205

JR大阪駅とグランフロントです。

   

s-IMGX151211_3222

グランフロント周辺のイルミネーションです。

キラキラときれいです。

   

s-IMGX151211_3227

水面に映ったイルミネーションもきれいです。

   

s-IMGX151211_3231

CMでやっていたワザを使ってみました。

ちょっといい雰囲気になりますね。

   

s-IMGX151211_3246

グランフロント前のスケートリンクのイルミネーションです。

水面の映りも意識して撮影しました。

  

こんな感じでお荒れた天候の金曜日の夜を楽しんでいました。

  

通勤時にカバンに入れて持ち歩けるコンデジでこれだけ撮れたら十分ではないでしょうか?

   

  

2014年11月15日 (土)

グランフロント大阪にスケートリンク!

金曜日の会社帰りにPENTAX Q7を持って、JR大阪駅の冬のスポットに寄ってみました。

   

IMGPQ1411142554_SYLKP

梅田の百貨店戦争に敗戦して看板が降ろされることになった「JR大阪三越伊勢丹」です。

すでに営業は中止して改装工事中です。

来年春には、「LUCUA1100(ルクアイーレ)」として新しくオープンすることになりました。

  
「三越」と「伊勢丹」が経営統合して、2011年5月に全国唯一の「三越伊勢丹」と両方の名前がつく店舗としてオープンしましたが、梅田に以前からある「阪急」、「阪神」、「大丸」との百貨店戦争にたった3年で敗戦が決まってしまいました。

オープン当初から大阪とは違う雰囲気の百貨店に違和感を持たれていて、ほとんど賑わうことがなかったのではないでしょうか。

無くなってしまう看板を記念に撮影しておきました。

   

JR大阪駅の「時空の広場」では、今年の冬も恒例の催しが行われていました。

IMGPQ1411142556_SYLKP

   

IMGPQ1411142558_SYLKP

   

IMGPQ1411142581_SYLKP

恒例のイルミネーションです。

昨年とあまり変わり映えしないのが残念ですね。

   

時空の広場を抜けたところから見た「グランフロント大阪」です。

IMGPQ1411142585_SYLKP

下の方にブルーに光っているところが、今年、注目の場所です。

   

IMGPQ1411142602_SYLKP

「グランフロント大阪 うめきた広場」に突如現れた特設スケートリンク「ウメダ※スケートリンク つるん つるん」です。

MBS毎日放送が主催しています。

   

ちなみにここの「スケートリンク」に、「アイス」は付きません。

樹脂製リンクの上に水溶性潤滑剤を塗布して滑りやすくしているようです。

転けても水で濡れることはありませんが、この水溶性潤滑剤が衣類に付くかもしれませんとの注意書きがあります。

   

ここからQ7のレンズをフィッシュアイに付け替えての写真です。

IMGPQ1411142605_SYLKP

テニスコートより少し広いくらいのリンクです。

壁伝いに手すり掃除をしている人が多い中、カッコよく滑っている方もいました。

   

IMGPQ1411142615_SYLKP

この日(金曜日)がオープン初日で、まだ滑る人より、興味半分でのぞく人の方が多い感じでした。

   

IMGPQ1411142634_SYLKP

本当にこのロケーションは、最高ですね。

日程についてもよく考えてあり、クリスマスシーズン、年末年始だけでなく、来年のバレンタインデーの翌日まで開催です。

これからカップルのデートコースになりそうな気がしますね。

但し、女性がス~っと滑って、男性が手すり掃除では、カッコよくありませんが。

  

梅田でスケートリンクということで、阪神・淀川にあったラサ・スケートリンクや阪急・梅田駅からすぐの茶屋町にあったアイススケートリンクを懐かしく思い出される方も多いのではないでしょうか?

私も若い頃は、各地のアイススケートリンクによく行ったものです。

もう少し若かったらすぐに滑りに行ったと思いますが、今滑ると足を痛めそうなのでやめておきます。

   

IMGPQ1411142618_SYLKP

思いつかないような場所に新しい設備を作ってチャレンジするものと、戦いに敗れて消えていく設備が並んでいるのもなんとも言えませんね。(左奥が「三越伊勢丹」です。)

  

フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008