« 2016年4月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月24日 (金)

EXPOCITYに日本一の大観覧車完成!

万博公園のEXPOCITYに日本一の大観覧車が完成しました。

Redhorse OSAKA WHEEL」が7月1日にオープンです。(CMではありません。)

昨日23日に完成披露会として、報道陣にお披露目されたようです。

その様子は、今日、新聞やテレビで報道されていました。

昨夜、そのカラフルな大観覧車「OSAKA WHEEL」をいろいろな雰囲気で撮影しました。

    

s-IMGP1606236985_SYLKP

2009年にエキスポランドの観覧車が撤去されてから寂しかったところに、ようやく復活した感じです。

2009年のblogはこちらです。エキスポランド時代の観覧車です。

(こうして記憶を辿れるのもblogの良いところですね。)

   

s-IMGP1606236991_SYLKP

s-IMGP1606236996_SYLKP

以前は、ライトアップされているだけという感じでしたが、新しくなった「OSAKA WHEEL」は、次々の色が変わるので写真を撮っていても、いろいろ楽しめました。

(全て PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM + 三脚で撮影しています。)

   

s-IMGP1606236999_SYLKP

s-IMGP1606237001_SYLKP

30秒の長時間露光で撮影しました。

同じ30秒でもシャッターを切り始めた時からのライトの変化で雰囲気が変わります。

   

s-IMGP1606237009_SYLKP

観覧車全体が七色の虹のようになっています。

この色の変化は、やはりLEDの力でしょうか?

   

普通に撮っていても面白くないので、ちょっと遊んでみました。

というのも、東の空にちょうどいい雰囲気のお月さんが出ていたからです。

   

s-IMGP1606237013_SYLKP

おぼろ月風のお月さんを多重露光で、大観覧車の横に並べてみました。

レンズの焦点距離は変えていませんので、相対的には実際に見えているのと同じ大きさです。

でも、大観覧車は北の方向で、月は東の空なので、絶対にありえない姿です。

  

s-IMGP1606237023_SYLKP

月をほぼ適正露出で撮影した後に、大観覧車を30秒の長時間露光で重ねました。(2回の多重露光)

(全く違う方向の月と大観覧車を重ねるためにカメラを振るので、月と観覧車を「配置する位置は、その都度変わってしまいます。)

  

s-IMGP1606237037_SYLKP

今回は、月+長時間露光+ピント外しの多重露光です。(3回の多重露光です。)

大観覧車やマンションの光が丸ボケになってくれて、いい雰囲気になりました。

  

これからは、好きな時にいつでも撮れるので、今度は400mmでアップの大観覧車を撮ってみたいです。

また違う雰囲気になるのではと思います。

  

2016年6月13日 (月)

あじさい撮影に服部緑地都市緑化植物園へ

昨日、梅雨の合間に「あじさい」が撮りたくて、「服部緑地都市緑化植物園」へ行ってきました。

「あじさい祭」が行われている万博公園も考えたのですが、駐車料金がかかり高くつくので、駐車料金がかからない都市緑化植物園としました。

  

昨日は、花モードなので、カメラはPENTAX K-5IIsで、レンズは、PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM、 D FA MACRO 100mm F2.8、 DA☆ 60-250mm F4 ED SDM の3本を使って、いろいろな雰囲気を撮影しました。

今日は三脚持参だったので、ボケをきれいに出したくて、基本的に全てのレンズで絞り開放で撮影しました。

ピント合わせは、ファインダーで構図を調整しながらAFも使用しましたが、マクロなどのピンポイントでは、液晶モニタで拡大表示してマニュアルで微調整しています。

マクロの絞り開放では、AFは信用出来ません。

一眼レフとはいえ、今はやはり液晶モニタで、ピンポイントの調整は必要です。

それでも、花が風で微妙に揺れるので、ピンぼけを増産しましたが。

  

アップしている写真は、状況説明用の写真以外は、すべてRAWで撮影し、SILKYPIX DS Proで現像しています。

s-IMGP1606126812_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F4 1/500 ISO200 >

芝生広場横の「あじさい」をまずパチリです。

  

ここからは、「あじさい」の写真集のようになります。(汗)

s-IMGP1606126835_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/800 ISO200 >

ガクアジサイの「キヨスミサワアジサイ」です。

  

s-IMGP1606126839_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/800 ISO200 >

  

s-IMGP1606126843_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/400 ISO200 >

  

s-IMGP1606126846_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/500 ISO200 >

「ガクアジサイ」の装飾化がきれいに開いていました。

  

s-IMGP1606126850_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/500 ISO200 >

  

s-IMGP1606126857_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/320 ISO200 >

  

s-IMGP1606126861_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/500 ISO200 >

「ウズアジサイ(別名:オタフクアジサイ)」だと思うのですが、古い遺伝子を思い出したのでしょうか、装飾花の一つだけ「ガクアジサイ」の装飾花となっていました。

「ガクアジサイ」から品種改良されたのでしょうね。

  

ここからは、マクロレンズです。

s-IMGP1606126867_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/400 ISO200>

アジサイをいろいろな方向から見ていてふと目に留まったのが、少し上の方のアジサイを下から見て、装飾花を裏側から見た様子です。

透過光により装飾花に流れる葉脈(花脈?)もきれいに見えます。

  

s-IMGP1606126868_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/640 ISO200>

  

s-IMGP1606126871_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/250 ISO200>

マクロレンズで思いっきり寄ってみました。

  

s-IMGP1606126877_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/125 ISO200>

両性花から出ているシベの形が面白かったので、最短撮影距離まで寄って、ピンポイントで撮影しました。

風で少し揺れてもピントが外れるので、ちょっと苦労しました。

  

s-IMGP1606126888_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/1000 ISO200>

「フイリガクアジサイ」の装飾花と少し開いた両性花です。

  

s-IMGP1606126893_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/1000 ISO200>

同じ「フイリガクアジサイ」を多重露光で柔らかい雰囲気で撮影しました。

  

s-IMGP1606126894_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/500 ISO200>

装飾花が八重の「ガクアジサイ」です。

  

s-IMGP1606126901_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO200>

透過光で葉脈(花脈?)がクッキリです。

  

s-IMGP1606126909_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 ; F2.8 1/320 ISO200>

多重露光です。

  

ここからは、60-250mmズームです。

s-IMGP1606126914_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/320 ISO200 >

250mm望遠で大きな前ボケをつくりました。

  

s-IMGP1606126920_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/500 ISO200 >

  

s-IMGP1606126922_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/400 ISO200 >

   

s-IMGP1606126923_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/320 ISO200 >

同じ八重の「ガクアジサイ」ですが、ピンク ~ 紫へと微妙に色が変化しています。

  

s-IMGP1606126925_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/800 ISO200 >

  

s-IMGP1606126935_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM ; F4 1/400 ISO200 >

少しハイキー気味で多重露光です。

  

s-IMGP1606126954_SYLKP

< PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8ED SDM ; F2.8 1/640 ISO100 >

丸く白いアジサイをトンネルのような前ボケで撮影しました。

  

撮影した場所はこんな感じのところです。

s-IMGP1606126940_SYLKP

  

s-IMGP1606126963_SYLKP

いろいろな種類の「アジサイ」が植えられています。

  

s-IMGP1606126975_SYLKP

装飾花の一部がピンク色した「カシワバアジサイ」です。

  

s-IMGP1606126967_SYLKP

園内では、「エラブユリ」もちょうど撮りごろで咲いていました。

   

  

2時間余りの大忙しの撮影でしたが、「アジサイ」を楽しむことができました。

この「服部緑地都市緑化植物園」の駐車場は、いつも空いているのですが、昨日は開園の少し前に着いたときには、ほぼいっぱいとなっていました。

お安く花撮りが楽しめるので、カメラマンが増えてきた感じがします。

  

そのカメラマンの中に一人、ちょっと気になる方がいました。(ちょっと愚痴です。(^_^;))

高齢の方ですが、最近デジ一デビューされたのか、カメラの設定を初期設定(多分)で、すべてオートで撮られていました。

それだけならいいのですが、初期設定のためか、AFが合焦した時に「ピッピッ!」となるのです、

そして、すぐに「ガシャッ!」です。

手持ちで「ピッピッ!ガシャッ!」の連発です。 構図を考えている様子なんてありません。

アジサイにカメラを向けた瞬間に「ピッピッ!ガシャッ!」です。

もしかしたら、ピントが合うのを待たずに、カメラ任せで一気にシャッターを切っているのかもしれません。

  

だんだん近づいてきて、とうとう私が三脚を立てて撮っている間近にきて、「ピッピッ!ガシャッ!」連発です。

もう気になって撮れません!

この方が遠ざかるまで、少しの間、シャッターを切らずに、被写体になりそうな花を探していました。

  

写真撮りが流行りですからカメラマンが増えるのは仕方ないと思いますが、もう少し勉強するなり、考えてカメラを使って欲しいですね。

せっかくの一眼レフが、少しかわいそうな感じでした。

野鳥撮りもそうですが、道具をそろえたらよいというものではありません。

写真撮影のマナーや撮影法を少しでも勉強してから、フィールドに出て欲しいですね。

  

長々と最後までご覧いただきありがとうございました。

ちょっと枚数が多すぎたと反省しています。

もっと選別してアップしなければいけませんね。

  

2016年6月10日 (金)

久々に万博公園へ(日本庭園・花しょうぶ田)

雨上がりの日曜日の午後、久々に万博公園の日本庭園へ花しょうぶを撮影に行ってきました。

  

s-IMGX160605_4943

バラ園から見た「太陽の塔」と新しくできた大観覧車「OSAKA WHEEL」です。

「OSAKA WHEEL」は、7月1日オープンだそうです。

休日は、当分行列ができるのでしょうね。

   

s-IMGX160605_4941

日本庭園の「花しょうぶ田」です。

まだつぼみもありますが、ピークを過ぎて咲がらも多くありました。

ちょっと遅かったようです。

  

ここからは、PENTAX K-5IIs+PENTAX DA☆ 60-250mm F4 ED SDM で撮影した「花しょうぶ」です。

すべて、ボケを出したくてF4の開放で撮影しています。

  

s-IMGP1606056643_SYLKP

ピンクの花しょうぶを同じ色の花を前ボケに使って撮影しました。

  

s-IMGP1606056658_SYLKP

雨滴が一粒付いた花をアップで。

雨上がりだったので、もっと雨滴が付いていて、しっとりした花しょうぶが撮れることを期待したのですが、すでにほとんど乾いていて、ちょっと残念でした。

   

s-IMGP1606056659_SYLKP

薄紫の花しょうぶとつぼみです。

  

s-IMGP1606056674_SYLKP

同じ紫の花しょうぶですが、少し露出を補正すると色が濃くなりました。

  

s-IMGP1606056676_SYLKP

同じ構図で、多重露光で撮影しました。

ほんわかと柔らかい雰囲気になりました。

   

s-IMGP1606056680_SYLKP

ちょっと違う構図にして、多重露光で撮影しました。

   

s-IMGP1606056686_SYLKP

花しょうぶ田の脇の「あじさい」が咲き始めていました。

多重露光で手前の「花しょうぶ」と奥の「あじさい」にピントを合わせました。

   

s-IMGP1606056688_SYLKP

普通に撮るとこんな感じです。

あじさいのボケの有無で雰囲気が変わります。

  

s-IMGP1606056709_SYLKP

雨上がりの曇り空が良かったのですが、とうとう日差しもさしてきました。

光の中の「あじさい」を多重露光で柔らかく撮影しました。

   

s-IMGP1606056714_SYLKP

花しょうぶに戻りました。

水路に映る黄色い花しょうぶを意識しながら、紫の花しょうぶを撮影しました。

   

s-IMGP1606056746_SYLKP

黄色い花しょうぶを前ボケにして紫の花を主題にしました。

    

s-2016-06-05 14.46.27

木道からの撮影では、ほとんどこんな感じで、三脚を低くして撮影しました。

これでピントを合わせようとするとしゃがんでも無理で、ほとんど這うようにして撮影していました。

他人からは変人に見えていたのではないでしょうか?(汗)

   

s-IMGP1606056768_SYLKP

白色の花を背景にして、濃い紫の花を多重露光でふんわりと撮影しました。

   

s-IMGP1606056772_SYLKP

白い花をメインにして、背景に紫の花を入れました。

白い花の中に薄いピンクの色が浮き出た感じです。

  

s-IMGP1606056779_SYLKP

薄ピンクの花びらをメインにしました。

  

s-IMGP1606056777_SYLKP

白・紫・白の位置で撮影しました。

   

s-IMGP1606056801_SYLKP

濃い紫の花だけを水路を入れて撮影しました。

  

s-IMGP1606056786_SYLKP

前後のボケを生かして紫の花です。

  

1時過ぎから2時間半ほどの撮影でしたが、久々の万博公園を楽しめました。

  

近場での野鳥シーズンが終わったので、これからは花シーズンです。

梅雨入りして雨の日が多くなると思いますが、いろいろな雰囲気で花が撮れたらと思います。

  

フォトアルバム

お客様累計

最近の愛読書

リンク

Photoback

  • Wild Bird Square 5
  • Wild Bird Square 4
  • Wild Bird Square 3
  • Wild Bird Square

LuckyBook's ウェブページ

2008年万博公園早朝観蓮会フォトアルバム

  • Conv080718032
    万博公園日本庭園の早朝観蓮会&象鼻杯

雨雲レーダー

  • 近畿周辺の雨雲の様子

地域別アクセス状況

  • 地域別アクセス状況

    ジオターゲティング

Amazon

  • Amazon

最近のトラックバック

 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008